時代が変わればシュールも変わる

父がミシンを習い始めたのは10年前の47・48歳頃

ブラザーミシン フェリエⅡ brother ferie II ブラザーミシン
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ミシン・アンケート:RIさんの回答

ブラザーミシン フェリエⅡ brother ferie II

ブラザーミシン フェリエⅡ brother ferie II

対象となるミシンのメーカーと機種

ブラザー フェリエⅡ

ミシンの所有者とあなたとの関係

ミシンの用途

父は自営業で生地屋を営んでおり、生地の販売の他に、家や店で自分で縫った完成品も販売しています。

その関係で家の家庭用ミシンではカーテン、テーブルクロス、座布団、クッションを作ったり、ズボンの裾直しをしています。

以上は有償労働ですが、写真のミシン(自宅のミシン)は無償労働に使っています。

ミシンを買った時期

2010年頃

ミシンを習った場所

父は、自分の父母(私の祖父祖母)から自宅で教えてもらったそうです。私の父のお店は、その祖父祖母が開いたお店で、息子である父に商売の為に教えたそうです。

しかし、習い出したのはここ10年程前ですので、47・48歳の頃に習ったそうです。

それまでは父は仕入れや客との直接のやり取りをしていたので、ミシンの使い方は知らなかったそうです。小学校の家庭科のミシンなども嫌いで全くやっていなかったそうなのですが、大人になり教えてもらった時は、1週間程でマスターできたようです。

ミシンに対する思い入れ

ミシンを持ち、自分で布から物を作ったり手直しする事で、ショップで売っているようなものだけでなく、オリジナリティ溢れる物を自分で作れる喜びがあるらしいです。

ミシンを使わなくなった経緯や今の使い道

父は現在も使い続けています。私の服の手直しをしてくれたり、ペットの服も縫ったりしてるのを見たことがあります。しかし、1番はやはり店で終わらなかった商品などを自宅で縫うなどの、仕事での使用が1番多いようです。

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フェリシモ「コレクション」