服ができるまで:繊維調達からミシン縫製までの道のり
小規模仕立業者の経営から読み解くファッションの社会経済史

ミシンと衣服の経済史 初版の表紙。妻が装丁してくれました。

出版社ページの「著者メッセージ」にて自著『近代日本の衣服産業-姫路市藤本仕立店にみる展開-』の面白みを紹介しています。

みてみる

ecnomic-history-sewingmachine-and-apparel

この記事は約0分で読めます。

ミシンと衣服の経済史 初版の表紙。妻が装丁してくれました。

コメント 感想や質問をお寄せください♪

タイトルとURLをコピーしました