2種類のネット検索を使いこなす

皆川魔鬼子

この記事は約2分で読めます。

皆川魔鬼子

皆川魔鬼子は京都府に生まれたファッション・デザイナーです。みながわまきこ。

1969年、京都市立美術大学染織科卒業(現京都市立芸術大学)。

在学中より自分のアトリエをもち、染織作家としての創作活動を始め数多くの作品を発表。

三宅一生との出会い

1970年に三宅一生と出会い、翌1971年から三宅デザイン事務所でテキスタイル・ディレクターを務めました。

1984年、ASAHA SARABHAI とコラボレーションを行ない、インドの伝統的なクラフトマンの仕事を研究し日本に紹介。「ASAHA BY MDS」の企画を手掛けます。

1990年にギャラリー「間」で「MINAGAWA MAKIKO FABRIC展」を開催。1999年に「THE MUSEUM OF MODERN ART N.Y. STRUCTURE AND SURFACE 展」に出品。

2000年に(株)イッセイ・ミヤケの中にブランド「HAAT」を創設。トータルディレクターとして新製品のプロモートを始め、現在に至ります。

現職、株式会社三宅デザイン事務所常務取締役企画室長。また2004年現在、多摩美術大学美術学部で、生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻コースの教授兼学科長も務めます。

テキスタイル・デザインでの活躍

織物(テキスタイル)デザインでの活躍はめざましく、素材の元となる糸まで辿る取り組みは精力的。

国内外を問わない伝統的技術の現代的応用から、加工方法、新素材の開発など、リサーチと研究から新たな布地を作り出してきました。

そのアプローチと作り出される布地は、ファッションデザインの世界にテキスタイルの新たな存在を確立するきっかけとなってきました。

受賞

主な受賞は以下のとおりです。

第8回毎日ファッション大賞の第1回鯨岡阿美子賞(1990年)、イギリス「TEXTILE INSTITUTE」から「COMPANION MEMBERSHIP」を授与(1995年)、毎日デザイン賞(1996年)受賞。著書に『テクスチャー』(講談社、1987年)。

« Back to Glossary Index
この記事の著者
岩本 真一

ミシンの進化やミシン会社の動向を調べています。家庭科の授業以外にミシンを使ったことがありません。それでもミシンに魅了されています。姉妹サイトに「モードの世紀」、著書に「ミシンと衣服の経済史」。

このサイトをフォローする
このサイトをフォローする
ミシンの世紀

コメント 質問や感想をお寄せください

おすすめ生地ストア

UNISON TEX(楽天ショップ)

本社は織物の産地浜松にあります。

生地の種類が豊富で、特に綿生地がおすすめです。

妻が何回もリピートしたお気に入りの生地は50ボイルワッシャーです。

薄手の綿生地で、ミシンで縫いやすく、ブラウスやスカートの裏地などにおすすめです。

マダムコットン(楽天ショップ)

ベビー用のオーガニックコットンが多いお店です。

妻はよくベビー用のダブルガーゼでブラウスを作ります。

とてもお肌に優しくて着心地が良いです。

特にオーガニックのダブルガーゼがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク