ミシンの謎に迫る

ミシンの歴史や広がりを紹介しています。
グローバルな旅を一緒に楽しみましょう。

内容の多くは自分の著書にもとづいています。
出版社のページにも、ぜひお立ち寄りください。

出版社のページへ

戦前期ミシンに関する産業財産権―一覧と傾向― | 解題

図 3 ミシン関係の米国人特許権者と延特許数(1890年~1948年) ミシンのタイムトラベル
図 3 ミシン関係の米国人特許権者と延特許数(1890年~1948年)
スポンサーリンク

戦前期ミシンに関する産業財産権―その一覧と傾向―

はじめに―問題の所在と本稿の課題―

不平等条約の改正に向けて,日本帝国は1884年に批准された工業所有権保護同盟条約(通称パリ条約)[1]へ1899年に加盟した。加盟に先がけ,日本帝国政府は工業所有権法の整備を急いだ[2]。加盟後には特許と実用新案をはじめとする産業財産権(工業所有権)[3]への意識が高まり,出願ブームが生じた。

既に筆者は「ミシン国産化の遅延要因」[4]において,1850年代・60年代に進展した米国・独国に比し,中国・日本での製品化が80年ほど遅れた点に着目し,国産化遅延要因に関する先行諸研究を特許明細書に依拠して検討した。また,申請特許の類型化と分析を行ない,米国シンガー社の特許権が日本のミシン製造会社に対し強い限定を加えたことを立証し,また,波状縫ミシンのように,現在では知られていない発明が存在し,実際に特許が取得されたことも明らかにした。

本稿の課題は,それらミシンの申請特許をはじめとする産業財産権の全体像を示すことにある。さしあたり「特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)」を利用し,そこに収載のない若干の産業財産権は他文献で補足することで,戦前期ミシン関連の産業財産権出願の全容と傾向を把握したい。

I 戦前期ミシン関連産業財産権の作成

1.戦前期のミシン関連産業財産権の取得手順

(1)戦前期産業財産権の調査法

国立国会図書館ウェブページ内「戦前の日本特許の調べ方」[5]を調査の手掛かりに,そこで案内されている「独立行政法人工業所有権情報・研修館」運営の「特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)」[6]を利用する。ここで特許や実用新案に関する情報を調べることができ,特許発明明細書や登録実用新案明細書等を閲覧することができる[7]

「戦前の日本特許の調べ方」では,「戦前期については戦前の特許を検索,閲覧することができるのは,「特許・実用新案番号照会」,「特許・実用新案分類検索」の2つのサービス」[8]であると記されているが,この説明には補足が必要である。「特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)」のページ上部にある「特許・実用新案」のプル・ダウン・メニューには13項目の検索法が記されている。これらのうち戦前期の特許・実用新案を検索できるのは,1「特許・実用新案番号照会」と4「特許・実用新案分類検索」である。

(2)特許情報プラットフォームにおける検索の種類

次いで,検索方法を述べる。特許・実用新案番号が分かっていれば,1「特許・実用新案番号照会」において「特許発明明細書(C)」と「新案明細書(Z)」の別を指定した上で番号を入力し,照会ボタンを押す。手順の難しいのは,特許や実用新案の番号を知らない場合である。この場合,4「特許・実用新案分類検索」を用いて,ミシンに区分される特許番号または実用新案番号を知る必要がある。

(3)特許・実用新案分類検索の手順

番号を知るためには,まず,ミシンが所属する区分番号を知る必要がある,すなわち,ミシンに割り振られた番号を4「特許・実用新案分類検索」にある「テーマ」へ記す必要がある。それには「パテントマップガイダンス」[9]を参照し,「IPC照会」[10]からミシンの区分を知ることが必要となる。

とはいえ,「IPC照会」に付随している「分類」欄に「ミシン」という言葉を入力しても検索できず,「IPC照会」の横にリンクが設置されている「分類表」[11]を参照しなければならない。「分類表」には「テーマグループ」と称してテーマごと(2B~5N)にPDFファイルが用意されているので,それを参照する。もし,ミシンがこれらのテーマのいずれに属すかを知らない場合は,「全テーマ分のテーマコード表(エクセル:677KB)」[12]をダウンロードまたは閲覧し,このエクセル表を検索する[13]。すると,ミシンの「テーマコード」には「3B150」が割り当てられており,このコードは1983年から87年にかけて廃止されたテーマコード「4L011」~「4L018」から統合されたものであると分かる。

このような手順と調査を踏んだうえで,先述の4「特許・実用新案分類検索」に戻り,テーマ欄に「3B150」を入力する。次に難しいのは検索式であるが,これには「全テーマ分のテーマコード表(エクセル:677KB)」に記された「FIカバー範囲」を参照する。ミシンの場合は「D05B1/00-97/12」とあり,検索式に「D05B1/00」を入力する[14]

以上の作業が終われば照会ボタンを押す。そうすることで,テーマコード「3B150」(つまりミシン)に区分されている情報,すなわち,特許と実用新案の明細書番号が表示される。そして,検索ボタンを押すことで,「ヒット件数」が示され,一覧表示ボタンを押すことで検索結果一覧が表示される。表示された一覧には「文献番号」「発行日」[15]等が記されている。この内「文献番号」へはリンクが貼られており,クリックをすることで該当の特許発明明細書または実用新案明細書を表示させることができる。

2.戦前期ミシン関連産業財産権一覧の作成手順

一覧の作成手順として4点の角度から述べる。まず,「特許・実用新案分類検索」を用い,テーマコードが3B150内,さらに,4L011~4L018内に区分されているデータを整理した。先述した通り,3B150は4L011~4L018を統合したものであるが,必ずしも全てを統合したとは思われない区分漏れがある。

次いで,区分漏れを埋めるために,『実用新案分類総目録』上巻〔1912〕[16],『続特許発明分類総目録』〔1914〕[17],『実用新案分類総目録』上巻〔1917〕[18]の3点を利用した。これら3点の目録は,恐らく戦前期に刊行された特許・実用新案の特許一覧を示す全ての図書だと思われる。なお,「特許発明明細書(C)」と「新案明細書(Z)」は終戦直後48年までの明細書も一部に含んでおり,本表ではそれを反映させた。これら目録の裁縫関係の区分は「裁縫機並ニ刺繍機」であり,その下位項目は「縫綴機」「裁縫用具」「火熨斗」「型及絲巻」「刺繍機及刺繍」「雑縫綴機」である。このうち本稿の一覧表では「縫綴機」のみ網羅した。

さらに,太平洋戦争勃発後のいわゆる敵産処分で取り消された特許と実用新案の情報は,それらを網羅した『米英其他敵国所有ノ特許権集録』〔1942〕[19]を用い,「機械工業の部」の内,第92類に区分される全明細書を対象とした。同書は92類の下位区分を適用していないからである。したがって,戦前期ミシン関連特許一覧にはアイロン(火熨斗)や定規等の関連品の若干を含むことを予めお断りしておく。

最後に,ミシン関連の商標は特許庁編〔1984〕[20]を参照し,また「特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)」内の「2.商標出願・登録情報」から「ミシン」「縫機」等の用語を用いて検索した結果を反映させた。特許や実用新案に比べ商標の出願は少ない。

II 産業財産権出願の全体動向

1890年から1948年までの約60年間で,ミシン関係の産業財産権総数は326件であり,その内,出願年・取得年不詳は30件であった。以下では,時系列を無視した動向を述べる際に326件を念頭に置く。また,時期的な推移を述べる場合には296件を念頭に置き,取得された産業財産権の出願年を元に分析を行なう。

なお,脚注3で触れたように,戦前期産業財産権の内,ミシン関係の意匠の出願は無く,本稿では実質的に特許・実用新案・商標登録のみを扱う。

1.産業財産権の種類による比較

産業財産権総数326件の内,特許は225件,実用新案は97件,商標登録は4件である。この内,年不詳の30件(全て特許)と商標登録を除いた特許と実用新案の出願件数(322件)を示したのが図1である。

よくいわれるように,実用新案は特許に比べて手続が簡略で審査期間が短い。そのため,工業化初期段階では特許以上に実用新案が注目されることがある。図1をみると,このような傾向が明確なのは1905年から12年の期間であり,11年を除いて例年,実用新案件数が特許件数よりも多く,次項で述べるように,ほぼ全ての実用新案が内国人のものであった。15年以降はほぼ全てが特許となり,終戦直後の46年~48年まで実用新案件数が特許件数を上回ることは無かった。とはいえ,ミシンに関しては,実用新案の減少と特許への偏向が工業化の進展を直ぐに意味する訳ではなく,次項でみるように15年以降の特許には外国人のものも多い。

図 1 ミシン関係の特許・実用新案出願件数の推移(1890年~1948年)

図 1 ミシン関係の特許・実用新案出願件数の推移(1890年~1948年)

  • 出典:国立国会図書館ウェブページ「戦前の日本特許の調べ方」,独立行政法人工業所有権情報・研修館ウェブページ「特許情報プラットフォーム」,特許庁ウェブページ「Fタームテーマコード一覧情報(テーマコード表)」,特許局編『実用新案分類総目録』(上巻,帝国発明協会,1912年),特許局編『実用新案分類総目録』(上巻,特許局,1917年),発明公報協会編『米英其他敵国所有ノ特許権集録』(発明公報協会,1942年)。
  • 注:記載した出願件数は出願年不詳の30件(内訳は全て特許で,内国人が13件,米国人が11件,英国人が4件,独国人・カナダ人がともに1件)を除いた296件(出願総数は326件)。
  • 注2:商標登録出願(4件)は無視した。

2.内国人・外国人の出願数推移

次いで,内国人と外国人で区別した傾向を探ろう。1890年から1948年までの期間に取得されたミシン関係の産業財産権は,内国人で230件(産業財産権総数326件の70.6%),外国人で96件(同29.4%)である。この内,一部は前項で触れたが,特許225件の内,内国人は134件,外国人は91件,実用新案97件の内,内国人は96件,外国人は1件,商標登録4件は全て外国人のものである。

これまで確認したように,実用新案はほぼ内国人であり,商標登録は全て外国人(米国人)である。そこで特許に限定し,時系列に内国人と外国人の出願趨勢を概観したのが図2である。件数は特許総数225件から年不詳の30件を差し引いた195件である。

さて,内国人の出願の高まりは1906年から11年までの時期と27年から32年までの時期に分けられる。06年から11年までは毎年2件から7件の特許が取得され,この時期にほぼ重なる05年から14年までの間には2件から13件の実用新案も取得されている。その後,13年からは外国人特許が増加し,従来の英国中心から米国中心へと特許権者の趨勢は変化していく。その象徴的な年が21年であるが,20年代前半は特許自体が少なく,同年代後半からは内国人特許が増加した。米国が大きな比率を占めるのは31年からである。

なお,敵産処分の影響から,1941年から外国人の出願・許可が皆無となる。太平洋戦争期,産業財産権や企業資産等は「工業所有権戦時法」(1917年7月公布・同年9月施行)と「敵産管理法」(41年12月22日公布・施行)によって管理されたが,産業財産権に対しては後者よりも前者が優先された[21]。この工業所有権戦時法を根拠に,特許局は41年12月8日以降,敵国の特許発明や出願中特許(特許出願および実用新案登録出願)に対し,特許取消または専用免許の処分を行なったのである。

図 2 ミシン関係の特許出願件数の内外住所別推移(1890年~1948年)

図 2 ミシン関係の特許出願件数の内外住所別推移(1890年~1948年)

  • 出典:図1に準ずる。
  • 注:図1に準ずる。
  • 注2:「他外国」は,独国,カナダ(以上2件),仏国,デンマーク,スイス,朝鮮,スウェーデン,墺太利,不詳(以上1件)。いずれも年不詳は除く。

3.外国人の国別動向

発明者,考案者,特許権者,実用新案権者のいずれかの立場で出願者住所が最も多く記されているのは米国で,年不詳込みで68件にのぼり,内国人134件の過半数を占める。この数値は,発明者または考案者の出願者住所よりも,特許権者または実用新案権者のそれを優先した場合であるが,出願者住所が2国にまたがる事例は4件に留まり,いずれもが米国に関係している。

たとえば,特許番号118290「「ミシン」用敷物製作附属装置」(1935年5月24日出願,翌36年11月18日特許)の場合,発明者「ハインリツヒ,ベルコンス」の住所はラトヴィアで,特許権者「ザ,シンガー,マニユフアクチユアリング,コムパニー」の住所が米国である。

特許権を2番目に多く取得したのが10件の英国人である(内,年不詳4件)。以下,独国人は3件(内,年不詳1件),カナダ人は2件(年不詳無し)と続き,米国の比重が抜きん出て高いことが明らかとなる。

図 3 ミシン関係の米国人特許権者と延特許数(1890年~1948年)

図 3 ミシン関係の米国人特許権者と延特許数(1890年~1948年)

  • 出典:図1に準ずる。英語化は「Google Patent Search」https://www.google.com/patents。
  • 注:年不詳の特許も含む。

さて,内国人の場合は特許権者に個人名が記されることが多いのに対し,外国人の場合,特に米国人には企業名が記されていることがほとんどで,産業財産権の申請において組織的な制度が整っていることを示唆している。ここで,米国人の取得した特許68件を特許権者別に延特許数で示したのが図3である。The Singer Mfg. Co.(シンガー社)が最も多く44件,次いでThe United Shoe Machinery Co.が10件,The Reece button hole Co.が5件を数える。戦前期の特殊ミシン[22]で著名なUnion Special Machine Co.は3件に留まっている。

おわりに

本稿は戦前期ミシンに関する産業財産権の全体像を示した。この結果、判明したことは以下である。1900年代から10年代中期まで、手続が簡略で審査期間が短い実用新案として発明の多くを内国人が申請し、10年代中期からは米国企業をはじめとする外国企業が排他的な特許を取得していった。その後、40年代前半まで、内国人は実用新案から特許へ移行するものの、外国人特許に付随する発明が多く、また企業からの支援がほとんど得られなかった。

また、これらの中には小区分の「縫綴機」「波状縫裁縫機」「雑種裁縫機」等へ分類された特許や実用新案が存在した。「縫綴機」や「雑種裁縫機」が広範囲の特徴を含むのに対し,「波状縫裁縫機」は,別稿[23]に示した通り,製品化されなかった発明類・考案類の中で特定の特徴を示していた。

資料 戦前期ミシン関連産業財産権一覧

Iに詳述した手続きを経て作成したのが表1「戦前期ミシン関連産業財産権一覧」である。「1-1 特許」,「1-2 実用新案」,「1-3 商標登録」の3項目に分け,それぞれ特許番号,実用新案番号,商標登録番号の昇順に並べた。

表 1 戦前期ミシン関連産業財産権一覧

1-1 特許

番号品目大分類品目小分類名称出願年許可年出願主体
111128裁縫機18901891日本内田嘉一
190728裁縫機18921893日本鳥谷善兵衛
250728裁縫機18941895日本梅山清之助
3498裁縫機18971899日本馬場精三郎
3587手巾縁縫機械18981899日本工藤阿三郎
4185飾縫機日本棚次辰吉
4668縫綴機19001901日本山崎貞治郎
5774軽便縫綴機19021902日本棚次辰吉
6788縫綴機19031903日本山崎貞治郎
7264縫綴機19041904日本野中喜十郎
7407縫綴機械19041904外国/不詳ジエフ、シー、モール/クリスト、フヲロ、ロザノ
7663日本縫機械19041904日本池谷七蔵
973028綾飾縫機19031905日本吉川眞吉
1062528綾縫機19061906日本吉川眞吉、左右鐵次郎
1249928縫綴機19071907日本石脇粂蔵
1281328軽便裁縫器19071907日本田島勝次郎
1293728「メス」付綾縫器19071907日本木原善三郎
1309428軽便飾縫機19061907日本石脇粂蔵
1311998装飾「ミシン」19071907日本梁瀬角次郎
1312428装飾「ミシン」19071907日本梁瀬角次郎
1313128軽便飾縫機19071907日本棚次辰吉
1429428廻搦縫機19081908日本千代田徳次郎
1433628裁縫機械19081908日本伊藤常蔵
1547028縫機19081908英国フレデリック、ベーカー/レッサー、ジャコブス
1558328和服専用「ミシン」19081909日本岩崎菊三郎
15741281「縫綴機」稲野式足袋妻附機械1909日本稲野由五郎、三木善八
1614228縁縫機ノ送出装置19091909丁抹ジュリアス、ラーセン
1615528伊藤式日本「ミシン」19091909日本伊藤常蔵
16160281「縫綴機」靴縫機1909米国ユナイテッド、シュー、マシナリー、カムパニー
1619128「ミシン」19091909日本梁瀬角次郎
16222281「縫綴機」「メリヤス」編接機1909日本今北米蔵
16358281「縫綴機」複絡裁縫機針絲抑制装置1909英国ベーカー、ソウイング、マシンズ、ツラスト、リミテッド
1642428和服裁縫機19091909日本溝田成治郎
16535281「縫綴機」縫綴機〔足袋用〕1909日本中島藤三郎
16797281「縫綴機」縫機1909英国ベーカー、ソウイング、マシンズ、ツラスト、リミテッド
17400281「縫綴機」連鎖縫ヲ施行スル改良方法1909濠太剌利シドニー、ウィルモット、ウィンスロー
17799281「縫綴機」縫機1910独国テークラ、トロッド
1786928二重環縫「ミシン」機19101910日本橋本為吉
17909281「縫綴機」「ミシン」機械用伏セ縫定規1910日本内山清治
17965281「縫綴機」足袋縫合並ニ襞取機1910米国ゼ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
18074281「縫綴機」足袋甲馳「ミシン」1910日本高木元吉
1807528押田式廻シ搦ミ「ミシン」19101910日本押田勝二
18106281「縫綴機」「テー、エンド、ワイ」莫大小縫綴「ミシン」1910日本堀栄吉
18143281「縫綴機」甲馳縫附用機械1910日本成尾信次/岡田金助
1858228田川式廻シ千鳥掛機械19101910日本田川富吉|藤井カバー合資会社
18909281「縫綴機」複絡裁縫機1910英国フレデリック、ジョン、ターナー、ベル/ハーデー、セシル、ベル
18947281「縫綴機」靴縫機1910米国ユナイテッド、シュー、マシナリー、カムパニー
19112281「縫綴機」縫綴機1911日本遠里権次郎
20134281「縫綴機」裁縫機用足袋コハゼ縫合機1911米国ゼ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
2030528山下式裁縫「ミシン」19111911日本山下正三郎
20375281「縫綴機」縫綴機1911日本野田光次
2047528自縫機19101911日本小宮彦太郎
20565281「縫綴機」縫機1911米国ユナイテッド、シュー、マシナリー、カムパニー
20566281「縫綴機」靴縫機1911米国ユナイテッド、シュー、マシナリー、カムパニー
20849281「縫綴機」裁縫機械1911米国ゼ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
2092828押田式廻シ搦ミ「ミシン」19111911日本押田勝二
2098228小出式裁縫「ミシン」19111911日本小出新次郎
21168281「縫綴機」貴志式刺縫機1911日本貴志松次郎/木村春東
21275281「縫綴機」縫靴機1911米国ユナイテッド、シュー、マシナリー、カムパニー
2139328軽便縁縫綴機19111912日本石脇粂蔵
2139428軽便二重環縫綴機19111912日本石脇粂蔵
21536281「縫綴機」複絡裁縫機ノ改良1912英国フレデリック、ジョン、ターナー、ベル/ハーデー、セシル、ベル/ジョン、ブランドウード
2196028裁縫機ノ爪挿ミノ制御装置19071912仏国ロドルフ、カストルデー
21995281「縫綴機」縫靴機1912米国ユナイテッド、シュー、マシナリー、カムパニー
2204928三本絲飾縫機19111912日本石脇粂蔵
22259281「縫綴機」「ミシン」附属千鳥縫機1912日本井原政重
2245128山下式裁縫「ミシン」19111912日本山下正三郎
22635281「縫綴機」鎖縫目内縫々靴機1912米国ユナイテッド、シュー、マシナリー、カムパニー
22977281「縫綴機」蝋絲縫機1912米国ユナイテッド、シュー、マシナリー、カムパニー
22985281「縫綴機」「ハンカチーフ」縁縫附用金具1912日本成田新次郎
2328328可搬鎖縫機械19111912英国レスリー、サルター
2393428足袋用ベタカラミ縫機19121913日本小堤仙造
2487528石川式千鳥緘機19131913日本稻野由五郎|石川康平
2527628鈕孔縫機19131914米国ジョージ、エス、ヒル|ユナイテッド、シュー、マシナリー、カムパニー
2691228縫機19131914米国アルバート、ハリソン、デボー|ゼ、シンガー、マニュファクチュアリング、コムパニー
2696028釦縫着機19141914米国ホール、エッチ、ホルダウェイ
2696828縫機ノ改良19141914米国ジョージ、エス、ヒル|ユナイテッド、シュー、マシナリー、コムパニー
2704928コロモ「ミシン」19131914日本甘利忠俊|甘利俊次
2731228縫機ノ改良19131915英国フレデリック、ベーカー|ベーカー、ソーイング、マシーンス、ツラスト、リミテッド
2947928縁絨機19151916日本常見誠一
3009128複式縫綴部19151916米国ランシング、オンダードンク|ユニオン、スペシァル、マシン、コムパニー
3095628縫機用成環機構19161917米国マーティン、ヘムレブ|ゼー、シンガー、マニュファクチュアリング、コムパニー
3159128衣服ノ縫目ヲ分開シ且ツ押圧スル機械19171917英国ウィリャム、ウィルキー
31680106織布片接合方法19171917米国ジョセフ、ベルガー、ジュニオア|ユニオン、スペシァル、マシン、コムパニー
3175128明嵐式和服用裁縫み志ん19171917日本明嵐豊次
3203928コロモミシン19171918日本甘利忠俊
3226428宮崎式綾「ミシン」19171918日本宮崎圭四郎
3237828明嵐式和服用裁縫「み志ん」機19171918日本明嵐豊次
3294328明嵐式和服用裁縫み志ん19181918日本明嵐豊次
33200106防水布縫綴方法19181918日本有住栄之助
3353020単絲條連鎖縫飾装置19151918スイスヨット、ディーム、ボイトラー|インヅストリー、アクチェンゲゼルシャフト、ツワイサイチーゲル、ケッテンスチッヒ
3404228縫機ノ縫目調整及反向機構ノ改良19181919英国チャールズ、エドワード、フランシス|ヴィカース、リミテッド
3486628東洋服製造用裁縫機19191919朝鮮李鍾轍
3491928守谷式裁縫器19181919日本守谷石次郎
3493228ニヂマセ縫19191919日本田邊正春
3550128沖式絎「ミシン」19191919日本沖重次郎
3630128明嵐式和服用裁縫み志ん19191920日本明嵐豊次
3720228裁縫機械用電動機支持装置19191920米国フレドリック、ヤコブ、オーシャス
3731828縫機19181920米国オリヴァー、エル、ドッシ/マーティン、ヘムレブ|ゼー、シンガー、マニュフアクチュアリング、コムパニー
3966392縫機ニ関スル改良19201921英国フレデリック、ベーカー|シリル、アーネスト、ハート/ヘンリー、ハーバート、バンヤン
4008592明嵐式和服用縫機19201921日本明嵐豊次
4012092裁縫機械ノ送給機構ニ関スル改良19211921カナダジェームス、アレクサンダー、フラネーガン
4228692電動機ニテ運転スル縫機19211922米国マーチン、ヘチレツプ|ダイエル、マニュフアクチュアリング、コムパニー
42757203電気的運転ノ縫機19211922米国マーチン、ヘムレツプ|ゼー、シンガー、マニュフアクチュアリング、コムパニー
42767203電動機運転ノ縫機19211922米国マーチン、ヘムレツプ|ゼー、シンガー、マニュフアクチュアリング、コムパニー
42817203電気的運転及照明縫機19211922米国フレデリック、ダイエル|ゼー、シンガー、マニュフアクチュアリング、コムパニー
43549203電気的制御ノ縫機19211922米国マーチン、ヘムレツプ|ゼー、シンガー、マニュフアクチュアリング、コムパニー
4407492裁縫機械ノ送給制御装置19211922カナダジェームス、アレクサンダー、フラネーガン
4409292並刺機19221922日本榎本光之助
50060923「波状縫裁縫機」刺縫機1922日本山田早苗/外1名
6009992縫綴機械19221924日本伊藤庄太郎
6044992和縫機19221924日本島田素文
60710923「波状縫裁縫機」和服縫機19231924日本畠中実衛
624132032「雑」「ミシン」ニ於ケル調整装置19231925米国フレデリツク、ヂユエール|ザ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
660502032「雑」電気的運転ノ縫機19211925米国マーチン、ヘムレツプ|ゼーシンガーマニユフアクチユアリング、コムパニー
71109921「単絲裁縫機」裁縫機19231927英国フレデリツク、ベーカー
71295923「波状縫裁縫機」和服「ミシン」19251927日本松田福太郎
76951923「波状縫裁縫機」刺子縫機械19271928日本山本仁之助
77065923「波状縫裁縫機」日本服ニ適スル裁縫機19271928日本母倉勝太郎
78528923「波状縫裁縫機」日本服裁縫機ニ於ケル送リ機構ノ改良19271928日本今井林蔵
79489923「波状縫裁縫機」日本服裁縫機ノ改良19271928日本今井林蔵
79596923「波状縫裁縫機」日本服裁縫機19271928日本今井林蔵
81106927「雑種裁縫機」縫綴機19281929日本植村善造|福助足袋株式会社
82684923「波状縫裁縫機」日本服裁縫機ニ於ケル送布ト縫綴トヲ行フ装置19281929日本今井林蔵
84697923「波状縫裁縫機」波状縫裁縫機19281929日本守谷石二郎
87682927「雑種裁縫機」袋縫装置19281930米国ジョン、エバンス、コーネル|ベイツ、バルクバッグ、コーポレーション
87794923「波状縫裁縫機」和服縫「ミシン」19291930日本宗行栄次
88394923「波状縫裁縫機」和服縫裁縫機19271930日本増井久一
89611923「波状縫裁縫機」波状縫機19301930日本今井政治
90996927「雑種裁縫機」縫着機「ミシン」19301931日本小西政太郎
91421927「雑種裁縫機」裁縫「ミシン」ニ於ケル停止位置確定装置19301931日本大坪介松
91874927「雑種裁縫機」縫着機ニ於ケル縫綴装置19301931日本小西政太郎
92499927「雑種裁縫機」裁縫「ミシン」19301931日本福森亀四郎|平川秀太郎
93178927「雑種裁縫機」(第65類3「包装機雑)縫着機ニ於ケル被縫物送進装置19311931日本小西政太郎
93712923「波状縫裁縫機」和服縫「ミシン」19301931日本藤波幸助
94200923「波状縫裁縫機」波状縫裁縫機ノ縫絲緊張装置19301932日本守谷石二郎
95704927「雑種裁縫機」裁縫「ミシン」19301932日本小西政太郎
98022927「雑種裁縫機」裁縫機械用「モーター」制動機19311932米国ダニール、ヘンリー、カーソン|ザ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
98023922「複絲裁縫機」裁縫「ミシン」用針止メ装置19311932米国アルフレツド、グリープ|ザ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
98177927「雑種裁縫機」裁縫「ミシン」ニ於ケル被縫物送進装置19311932日本小西政太郎
98178927「雑種裁縫機」縫着機ニ於ケル被縫物送進装置19311932日本小西政太郎
98931923「波状縫裁縫機」和服縫裁縫器19311933日本増井久一
99053929「火熨斗」「アイロン」掛ケ圧縮機19311933米国フランク、イー、ベーカー
99834923「波状縫裁縫機」和服用「ミシン」19311933日本佐坂新平/小田庄左衛門
100373922「複絲裁縫機」縁縢縫機19291933米国ノルマン、ヴイ、クリステンセン/フレデリク、エフ、ツアイエル|ユニオン、スペシアル、マシン、コンパニー
100865922「複絲裁縫機」裁縫機械ニ於ケル布送リ装置19321933日本藤伊魁|三菱電機株式会社
100872922「複絲裁縫機」裁縫「ミシン」19311933日本大谷治人
101155921「単絲裁縫機」着脱自在ノ縫盤ヲ具備セル「ミシン」ノ布送装置19321933日本中島喜三郎
101794929「火熨斗」衣服「アイロン」掛ケ圧縮機19311933米国フランク、イー、ベーカー
101977922「複絲裁縫機」裁縫「ミシン」用ノ度盛セラレタル絲緊張装置19311933米国ダニール、ヘンリー、カーソン|ザ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
103152922「複絲裁縫機」「ミシン」用供給桿揚装置ノ引脱シ機構19321933米国ハーバート、ジョン、グースマン|ザ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
103218922「複絲裁縫機」手動用小型裁縫「ミシン」19321933日本鍔本光一
104650923「波状縫裁縫機」ミシン19331934日本高倉庄太郎|米田一馬|清水利十郎
104893922「複絲裁縫機」裁縫「ミシン」用絲巻ノ絲緊張装置19311934米国ウイリアム、ルーザー、バロン|ザ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
106083927「雑種裁縫機」「オーバーロツク」「ミシン」ニ於ケル輪奈構成装置19331934日本上里敏雄|島川永太郎
108762922「複絲裁縫機」複絲裁縫「ミシン」19331934日本越田正次|瀧鼻慶吾
108998927「雑種裁縫機」ミシン19331934日本平木貞三
109434923「波状縫裁縫機」波状縫機19321935日本榎並佳人
110063927「雑種裁縫機」電気駆動「ミシン」19321935墺太利イグナツツ、ゴニーク
110193923「波状縫裁縫機」和服「ミシン」19331935日本高倉庄太郎|米田一馬
110607923「波状縫裁縫機」波状縫機19331935日本榎並佳人
115070927「雑種裁縫機」縁縢「ミシン」19351936日本江本芳五郎
115187923「波状縫裁縫機」和服縫「ミシン」19341936日本笹森勝蔵|堀川弥太郎|野田照美
116965923「波状縫裁縫機」「ミシン」絲扱装置19341936日本笹森勝蔵|堀川弥太郎|野田照美
118119927「雑種裁縫機」作業台用動力伝送装置19341936米国アーヴイング、フランシス、ウエツブ|ザ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
118290927「雑種裁縫機」「ミシン」用敷物製作附属装置19351936米国ハインリツヒ、ベルコンス|ザ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
118369927「雑種裁縫機」「ボタン」孔切込縫取機械ノ改良19351936米国ジヨセフ、ハロルド、ピツカル/カール、アクセル、オスカー、グリツプ|ザ、リース、バトン、ホール、マシン、コムパニー
118405927「雑種裁縫機」釦穴縫機19351936米国ジヨセフ、エツチ、ピクル|ゼ、リーズ、バツトン、ホール、マシン、カムパニー
121643922「複絲裁縫機」「ミシン」ニ於ケル上絲「ループ」構成装置19351937日本川島梅吉
123686927「雑種裁縫機」「ボタン」穴縫取機械ノ改良19351938米国ラルフ、アモンス、コリンス/フランク、モンデロ|ザ、リース、バトン、ホール、マシン、コムパニー
123818927「雑種裁縫機」「ボタン」捲キ機械ノ改良19351938米国チヤーレス、ジヨセフ、シツボールド|ザ、リース、バトン、ホール、マシン、コムパニー
124329927「雑種裁縫機」ミシン19361938日本大谷治人
126244927「雑種裁縫機」オーバーロツクミシン19361938日本木津宏|杉山正
126557927「雑種裁縫機」裁縫「ミシン」用供給機構19371938日本高見義夫
126679921「単絲裁縫機」単絲縫絲19361938日本伊藤利吉
128204927「雑種裁縫機」下方材料送給子並ニ上方材料送給子ヲ備フル「ミシン」19361939独国フリートリツヒ、ルツツ|ウニオン、スペチアル、マシーネンフアブリーク、ゲゼルシヤフト、ミツト、ベシユレンクテル、ハフツング
128765927「雑種裁縫機」縫機ニ装着ス可キ縁縢装置19361939瑞典トード、エリク、ダニエル、ビルデ
129611922「複絲裁縫機」複式小型「ミシン」19371939日本神保新次郎|中村秀三
130153927「雑種裁縫機」裁縫機19381939日本近藤仁三郎
130203922「複絲裁縫機」「ミシン」用回転絲環捕捉器及絲巻函装置19361939米国フランク、バーリイ|ザ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
131163927「雑種裁縫機」ミシン19361939米国ウオールター、マイアース|ザ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
131164927「雑種裁縫機」ミシン19361939米国ウオールター、マイアース|ザ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
133099927「雑種裁縫機」閉鎖セル被匣ヲ有スル推進罐「ミシン」19371939独国チヤールス、エフ、リユーベル|ウニオン、スペチアル、マシーネンフアブリーク、ゲゼルシヤフト、ミツト、ベシユレンクテル、ハフツング
133681927「雑種裁縫機」「ミシン」用隠シ縫取付具19371939米国パウル、ボグーン|ザ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
134821927「雑種裁縫機」(2「複絲裁縫機」)裁縫機械ノ絲環取上器ニ対スル給油装置19381940米国ウオルター、マイヤース|ザ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
135006927「雑種裁縫機」裁縫機械ノ縫絲緊張装置19381940米国シドニー、ゾーエス|ザ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
135034927「雑種裁縫機」釦穴機械ノ改良19361940米国フランクリン、オーガスタス、リース|ゼ、リース、バトン、ホール、マシン、コムパニー
135548927「雑種裁縫機」(2「複絲裁縫機」)裁縫機械ノ改良19381940米国シドニー、ゾーエス|ゼ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
139570927「雑種裁縫機」縫機19391940米国ルドルフ、ベツカー|ゼ、シンガー、マニユフアクチユアリング、カムパニー
139669927「雑種裁縫機」断続緊張装置19391940米国アルフレツド、テイーズラー|ゼ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
140168927「雑種裁縫機」襞取縫綴機械19391940米国フレデリツク、エム、カード|ゼ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
140171927「雑種裁縫機」縫機歯車潤滑装置19401940米国リチャード、カイヤー/チャールズ、アルバート、ケツスラー|ゼ、シンガー、マニユフアクチユアリング、カムパニー
141295927「雑種裁縫機」裁縫機械ノ襞付ケ装置19401941米国フレデリツク、ムンロー|ゼ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
141304927「雑種裁縫機」裁縫機械ニ関スル改良19391941米国アンドリユー、ビー、クレートン|ゼ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
143549927「雑種裁縫機」飾縫裁縫機械19401941米国フレデリツク、ムンロー、カード|ゼ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
144451927「雑種裁縫機」裁縫機械ノ送リ装置19401941米国フレデリツク、ムンロー、カード|ゼ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
144452927「雑種裁縫機」裁縫機械ノ布帛案内装置19401941米国ハンス、ハツクランダー|シンガー
144453927「雑種裁縫機」裁縫機械用縫糸切断装置19401941米国アーサー、エヌ、ヘール|ゼ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
144454927「雑種裁縫機」裁縫機械用縫糸切断装置19401941米国トーコス、エー、アンダーソン|ゼ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
145197927「雑種裁縫機」上端縁裁縫機械19391941米国ニコラウス、クナウス|シンガー
145198922「複絲裁縫機」裁縫機械用絲環取上機構19401941米国ウオルター、マイヤース|ゼ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
145199927「雑種裁縫機」裁縫機械19401941米国ハンス、ハツクランダー|シンガー
145200927「雑種裁縫機」裁縫機19391941米国ニコラウス、クナース|ゼ、シンガー、マニユフアクチユアリング、カムパニー
145210922「複絲裁縫機」回転式輪絲捕捉装置ヲ備ヘタル「ミシン」19361941米国チヤールス、アルバート、ケツスラー|ザ、シンガー、マニユフアクチユアリング、コムパニー
146640927「雑種裁縫機」裁縫機用ノ縮直シ案内装置19401941米国ハンス、ハツクランダー|シンガー
146642927「雑種裁縫機」鎖縫ヒ縫機19401941米国フレデリツク、フランシス、ザイヤー|シンガー
152036927「雑種裁縫機」「ミシン」用送上調節「ローラー」ノ軸装法19421942日本小野義教
153144927「雑種裁縫機」「ミシン」取付用釦縫綴機19401942日本黒住匡臣
153770923「波状縫裁縫機」和縫用「ミシン」19411942日本増井久一
154608923「波状縫裁縫機」和縫用「ミシン」19411943日本増井久一
155597923「波状縫裁縫機」和縫用「ミシン」19411943日本増井久一
160346927「雑種裁縫機」自動多列縫綴機ニ於ケル針咬持装置19421943日本佐藤範一/鄭昌来
160371927「雑種裁縫機」「ミシン」取付用釦縫綴機ニ於ケル絲切断挟止装置19411943日本黒住匡臣
160399927「雑種裁縫機」「ミシン」取付用釦縫綴機ニ於ケル被服体挟口自動開閉装置19411943日本黒住匡臣
160627927「雑種裁縫機」裁縫「ミシン」釦縫綴装置ニ於ケル釦挟持杆ノ移動角度ノ調節装置19421943日本前中留吉|大鶴政太郎
161657923「波状縫裁縫機」裁縫機19431944日本坂田新三
161806927「雑種裁縫機」「ミシン」取付用釦縫綴機ニ於ケル四ツ孔釦縫綴装置19431944日本黒住匡臣
163131927「雑種裁縫機」裁縫機19431944日本坂田新三|柿沼善次郎
163132927「雑種裁縫機」裁縫機ニ於ケル縫針緊持装置19431944日本坂田新三|柿沼善次郎
174610921「単絲裁縫機」単絲裁縫機19461947日本生島晃輝
180017123G3釦穴かゞり用ミシンの改良19471950日本鴇崎輝
180223123E4ミシンに於ける電導機構19471949日本武富文作
181502123E62ミシンに於ける送り金の連動方向自由変換装置19481950日本日本ミシン製造株式会社|神田熊人
181652123E71「ミシン」加工に於ける特殊縫工装置19471950日本藤田四郎
182770123E82製袋機に於ける自動給油装置19481950日本小沢武

1-2 実用新案

番号品目大分類品目小分類名称出願年許可年出願主体
97228大和裁縫器19051905日本上野太四郎
100928寄セ縫機杆折曲装置19051906日本植村クニ
140928縫襪機19061906日本梅井栄太郎
179428軽便甲馳縫着機19061906日本川島與一郎
2147108莫大小製短縫胴衣ノ構造19061906日本山田勇一郎
214828千鳥掛縫綴機19061906日本竹内源吉
214910消火器19061906日本山口清三郎
251328足袋先縫綴機19061906日本豊原豊治
269328改良褶取機19061906日本松林吉五郎
341228改良「ミシン」19061906日本長谷川鍬吉
535228飾縫機19071907日本松村芳三郎
582728縫綴機送リ杆19071907日本藤原周次郎
615828襞皺縫機19071907日本池田芳蔵
6317112「メリヤス」足袋19071907日本三宅元吉
6318106十柄筵19071907日本福本十松
680428丸紐縫着兼用縫綴機19071907日本玉井吉次郎
713628吉川式裁縫器用縫付器19071907日本吉川眞吉
793028手巾製造「ミシン」細縁送金19071908日本広瀬清吉
849828縫綴機導管19081908日本大木勝太郎
930428縫襪機19081908日本山岸徳二郎
935128足袋甲馳縫器機19081908日本竹内源吉、別役栄作
944428成尾式千鳥縫「ミシン」19081908日本成尾信次
9445108自由「シヤツ」19081908日本青木周三
956128裁縫用懸針19081908日本村島フサ
1034328玉縁定規〔「ミシン」用〕19081908日本山田達治
1039720足袋甲馳縫器機19081908日本竹内源吉、別役栄作
1060728裁縫専用箟剪刀19081908日本毛利祥雲
1177828千鳥掛縫綴19081909日本竹内源吉
1185428「ミシン」機械専用反射鏡19091909日本森下幸吉
1212028軽便和縫「ミシン」19091909日本田中栄吉
1291828筒縫「ミシン」19091909日本堀川長兵衛
1295428石垣式四ツ曲機19091909日本石垣伊三郎
1296128木村式軽便倍縫「ミシン」19091909日本木村米吉
1297928「ミシン」機械用油受19091909日本杉浦三郎
1347328甲馳縫附機械19091909日本遠里権次郎
1364528「ミシン」19091909日本橋本次郎
1424928田中式瓶包装菰編綴器19091909日本田中久吉
1488428甲馳縫附機械19091909日本遠里権次郎
1538828千鳥掛「ミシン」19091909日本児島助夫、板垣芳太郎
1550528裁縫用縫綴器19091909日本松田力
1750528改良甲馳縫器械19101910日本竹内源吉
1764328扇風器付縫綴機19101910日本島川永太郎
1790628布端縺縫器19101910日本山本島蔵
1904128山下式襞取機19091910日本山下正三郎
19311281「縫綴機」コハゼ縫着機19101911日本茂田徳造
19466281「縫綴機」改良千鳥掛縫綴機19101911日本竹内源吉
19944281「縫綴機」玩具片桐裁縫器械19101911日本片桐兼光/石崎銀次郎
19963281「縫綴機」萬用裁縫機19101911日本須藤兼治郎
20814281「縫綴機」田附式折縁縫綴調整誘導器19101910日本田附甚五郎
21200281「縫綴機」田附式鹿ノ子縫付「ミシン」19101911日本田附甚五郎
21943281「縫綴機」縫綴圧定装置19111911日本竹内源吉
22081281「縫綴機」鈕縫附装置19111911米国ウィリアム、エス、ホルドオヱー/ホール、ヱーチ、ホルドオヱー
22555281「縫綴機」縫綴機用折返導器19111911日本河合一/都志正平
22685281「縫綴機」鹿ノ子縁縫着「ミシン」用誘導筒19111911日本田附甚五郎
23773281「縫綴機」柳式「ミシン」用縁折機械19111912日本柳九三郎
23799281「縫綴機」花筵縫綴装置19121912日本佐藤九平/秋山猪久太郎
24067281「縫綴機」ミシン19111912日本山本米吉
24819281「縫綴機」三枝式改良褄附機19121912日本三枝寅吉
25254281「縫綴機」石井式折縁縫綴調整誘導器19121912日本石井勝次郎
25781281「縫綴機」「ハンカチーフ」縁縫附用金具19121912日本成田新次郎
27375281「縫綴機」大村式足袋巻縫器械19111913日本大村為八
29387281「縫綴機」密針用縁取定規19131913日本大西文次郎
30926281「縫綴機」刺繍兼用自在「ミシン」19131914日本柄本音松
33671281「縫綴機」裁縫「ミシン」用綛絲捲取器19141914日本金子舜之助
3449828縫綴機19141915日本並木富三郎
4558828宮崎式「ミシン」機械19171918日本宮崎圭四郎
4566628二重環縫「ミシン」19181918日本小林善吉|丸松合資会社
5531528ミシン19201921日本高橋重次郎
5933992和服裁縫用「ミシン」19191920日本大谷治人
6564892西田式「シザーミシン」19211922日本子師栄治郎|西田才太郎
342764921「単絲裁縫機」裁縫機械19431944日本石丸巌
359523927「雑種裁縫機」ミシンのクランク連結装置19461947日本兵藤忠一
360188927「雑種裁縫機」裁縫機に於ける送り二叉杆19461948日本中井菊一
360469922「複絲裁縫機」裁縫機に於ける三叉クランク19471948日本清水金五郎
360731927「雑種裁縫機」ミシンの前後送り装置19471948日本武富文作
360795927「雑種裁縫機」裁縫機に於ける前後送り限定装置19471948日本瀬口鉄次郎|日本ミシン製造株式会社
360901927「雑種裁縫機」ミシンに於ける前後送り限定装置19471948日本林好太郎
361117123F111ミシン絲補導器19461948日本高荷太一郎
361123123F111ミシン絲補導器19461948日本高荷太一郎
361234123E6縫機に於ける可逆送り調節装置19471948日本武富文作
367423123G3釦穴かゞり用ミシンの釦穴切穿装置19471950日本鴇崎輝
367424123G3釦穴かゞり用ミシン自動停止装置19471950日本鴇崎輝
367671123E690.1&123G3釦穴縢に用ふるミシンの針板19471950日本坂上重雄
368595123E6家庭用ミシンに於ける前後送り調節装置19471949日本今井俊二
368904123E62裁縫機に於ける送り作動杆19481950日本山田正
369036123E4_&54B3家庭用ミシンに於ける勢輪バンド19481950日本小林銀一郎
369070123E33電動機動力伝達装置19481950日本榊原秀雄|日本ミシン製造株式会社
369340123E33(&59D122.1&55C0)速度加減器19481950日本仁礼義信/高見滋|三菱電機株式会社
369384123E62ミシンに於ける布繰送装置19481950日本中村能二
369525123E62裁縫機に於ける送り加減装置19481950日本生島晃輝
36962855C3速度制御器19471950日本滝沢源治|中央工業株式会社
36964276D3飛出ナイフ19481950日本山田吉太郎
370254123E62裁縫機の布送り調節用操作片19481950日本端博
370373123E33電動ミシン19481950日本亀山弘澄/岡本英彦|三菱電機株式会社
37186455C3足摺式速度制御器19481950日本安川昌平|株式会社日立製作所
37186555C3足摺式速度制御器用足踏杆19481950日本安川昌平|株式会社日立製作所
37240659D122_&13E33摺動抵抗器19481950日本高見滋|三菱電機株式会社

1-3 商標登録

番号品目大分類名称出願年登録年
1000416裁縫機18971897米国
12735017シンガー19201920米国
12735109A13SINGER19201921米国
31248469SINGER\シンガ-1937米国
  • 出典:国立国会図書館ウェブページ「戦前の日本特許の調べ方」、独立行政法人工業所有権情報・研修館ウェブページ「特許情報プラットフォーム」、特許庁ウェブページ「Fタームテーマコード一覧情報(テーマコード表)」、特許局編『実用新案分類総目録』(上巻、帝国発明協会、1912年)、特許局編『続特許発明分類総目録』(帝国発明協会、1914年)、特許局編『実用新案分類総目録』(上巻、特許局、1917年)、『米英其他敵国所有ノ特許権集録』(発明公報協会、1942年)。
  • 注:公告日はミシンの場合に1922年から記される場合もあるが省略。
  • 注2:商標登録の更新出願・更新登録は無視。
  • 注3:「―」は不詳。
  • 注4:出願主体は、氏名のみ、出願人のみ、発明者・考案者、特許権者(発明者)・実用新案権者(考案者)、特許権者・実用新案権者を合わせた。ただし、発明者・考案者等が各複数人存在する場合には「/」で区切り、発明者・考案者と特許権者・実用新案権者が併載されている場合は間に「|」を挿入して区別した。

文末脚注

[1] 欧州の経済事情からパリ条約成立を概観し,先進国主導・米国主導の特徴を導出した論考に,板村有美保「特許制度とその国際的展開」(『愛知学院大学論叢 商学研究』第48巻1号,2007年12月)が挙げられる。

[2] 1885年4月18日の専売特許條例公布(7月1日施行)をはじめとする一連の整備については,石井正『知的財産権の歴史と現代』(発明協会,2005年,157~158頁)を参照のこと。

[3] 本稿では,industry propertyの訳語について「産業財産権」を用い,名称の固定した法令名や条約名に「工業所有権」の言葉が使われる場合はそれに従う。また,戦前期にミシン関係の意匠の出願は無いので,本稿では断りのない限り,特許・実用新案・商標登録の3項目を産業財産権として論じる。

[4] 岩本真一「ミシン国産化の遅延要因―特許出願の方向性に関連して―」『大阪経大論集』第67巻2号,2016年7月。

[5] 国立国会図書館「戦前の日本特許の調べ方」http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-400387.php(2016年8月18日閲覧)。

[6] 独立行政法人工業所有権情報・研修館「特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)」https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage(2016年8月18日閲覧)。

[7] 意匠,商標についても同様の調査可能であるが,煩雑を避けるために,以下では特許と実用新案のみに限定して説明する。

[8] 国立国会図書館「戦前の日本特許の調べ方」http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-400387.php(2016年8月18日閲覧)。

[9] 独立行政法人工業所有権情報・研修館「パテントマップガイダンス」https://www5.j-platpat.inpit.go.jp/pms/tokujitsu/pmgs/PMGS_GM101_Top.action(2016年8月18日閲覧)。

[10] IPCとはInternational Patent Classificationの略語で「国際特許分類」と訳される。

[11] 特許庁「Fタームテーマコード一覧情報(テーマコード表)」http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/themecode.htm(2016年8月18日閲覧)。

[12] 特許庁「全テーマ分のテーマコード表(エクセル:677KB)」http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/xls/themecode/code.xls(2016年2月2日閲覧)。

[13] 検索用語は「ミシン」で十分である。戦前期に使用された「縫衣機」「縫機」「裁縫機」等の言葉は用いられていない。

[14] 4「特許・実用新案分類検索」の「種別」には5項目にチェック欄がある。チェックをせずに検索できるが,検索対象となるデータ量が大きくなるため,時間を節約するためには,戦前期のデータを含む「特許発明明細書(C)」と「新案明細書(Z)」の2項目のみにチェックを入れるのが無難である。

[15] 公告の発行日。

[16] 特許局編『実用新案分類総目録』上巻,帝国発明協会,1912年。

[17] 特許局偏『続特許発明分類総目録』帝国発明協会,1914年。

[18] 特許局編『実用新案分類総目録』上巻,特許局,1917年。

[19] 発明公報協会編『米英其他敵国所有ノ特許権集録』発明公報協会,1942年。

[20] 特許庁編『工業所有権制度百年史』上巻,発明協会,1984年。

[21] 西村成弘「国際特許管理契約と日米開戦―GEの対日事業と敵産処分―」『関西大学商学論集』第54巻6号,2010年2月,49~51頁。

[22] 本縫ミシンに対し,用途別・品目別に細分化されたミシンをいう。環縫ミシンや刺繍ミシンが代表的である。詳細は岩本真一『ミシンと衣服の経済史―地球規模経済と家内生産―』思文閣出版,2014年,144~147頁を参照のこと。

[23] 岩本「ミシン国産化の遅延要因」。

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました