子供にミシンが必要な理由

シムシティビルドイットから繊維アパレル製品を学ぶ

関連情報
この記事は約8分で読めます。

シムシティビルドイットから繊維アパレル製品を学ぶ

シムシティビルドイットとは

1月末から私はシムシティビルドイット(SimCity BuildIt)というゲームにはまっています。このゲームは昔からシムシティとして知られてきた街づくりゲームの一種です。パソコンやスマホによって遊べる種類がいくつか分かれています。このうちシムシティビルドイットはスマホ専用のゲームとして2014年にリリースされました。

シムシティビルドイット

シムシティビルドイットはシリーズ多種と同じく、メガロポリスやメトロポリスなどの巨大な都市を作っていくというのが一つのストーリーになっています。これに加え、ビルドイットでは拠点となる都市を「首都」とし、首都とは別に「サボテン・キャニオン」「グリーン・バレー」「ライムストーン・クリフ」などの5つの「地域」も運営できる点が斬新です。各地域ではインフラや特産品に違いがあって、それぞれの特色を持っています。各地域は首都を中心にネットワークで結ばれています。

ライムストーン・クリフ地域

シムシティビルドイット内の「ライムストーン・クリフ」地域

棚田が特徴の「ライムストーン・クリフ」地域が私は好きです。アトリエ・レイレイを営む妻の故郷である雲南省には、元陽県や紅河ハニ族イ族自治州などで見事な棚田を見ることができます。

ライムストーン・クリフは文化があふれるリゾートに向いた地域です。

山と丘に囲まれたライムストーン・クリフでは、エリアをよく調査して建物の建築を計画的に行いましょう。

https://www.ea.com/ja-jp/games/simcity/simcity-buildit/regions

ライムストーン・クリフの特産品はシルク製品です。桑畑を設置して、シルク工場を建設します。そして「シルク」(絹織物)「糸」「扇子」「シルクローブ」などを製造販売していきます。服づくりの好きな妻とライムストーン・クリフとが結ばれたようで、中国ラブの私にとってはロマンを感じるわけです。

このページのテーマ

このページでは、まず、シムシティビルドイットという仮想都市内で製造販売されている繊維製品やアパレル製品を整理しています。次いで、私の研究領域からみた製造工程(生産過程)の評価を述べています。デフォルトの繊維製品とアパレル製品、およびライムストーン・クリフの繊維製品とアパレル製品に分けて説明します。ページの最後ではアパレル製品の製造手段に接着剤が使われている点に言及します。

この記事を読む前提として繊維製品とアパレル製品には、次のような関係や段階があることを念頭において下さい。

繊維 → 糸 → 織物 → アパレル

原材料の繊維(絹、綿、毛、麻、石油など)が糸に紡がれて、糸を交錯して織物を作ります。織物をパーツに裁断してミシンなどで縫合します。詳しくはこちらをご覧ください。

繊維製品とアパレル製品

デフォルトの街(首都)には、私の専門領域のアパレルストアが用意されています。ジャンルは商業施設です。商業施設は、後に展開できる地域に設置し直すこともできます。なお、アパレルストアの名称は、取扱製品種が少ない点と製造部門をもつ点から、厳密にはアパレルショップと呼ぶべきです。

それはさておき、アパレルストアでは帽子やスニーカーやスーツなどの製品を作ることができます。また素材レベルではテキスタイルおよびホームテキスタイルなどの製品を作ることができます。これらの製品はいずれも国際貿易センターで販売したり、自分の建築物の素材に利用したりできます。

シムシティビルドイット内の全製品一覧と原材料一覧はこちらをご覧ください。工業品目と商業品目の区分から原材料や生産時間などを知りたい場合はこちらをご参照ください(工業商業)。

工場の繊維製品とアパレル製品

工場で作られる繊維製品にはテキスタイルがあります。アパレル製品はありません。

テキスタイル

テキスタイルは反物のイラストをしているので分かりやすいです。工場に放り込んで無料で作れます。

テキスタイルを素材に1次加工するものはアパレルストアの製品だけではありません。テキスタイルの用途は広く、農作物市場の小麦粉、家具店のホームテキスタイルやソファ、ガーデニング用品店のガーデンチェアなどにも使います。

テキスタイルは製造時間が長いのが難点で、ゲームでいう「生産時間」は180分です。

アパレルストアの繊維製品とアパレル製品

シムシティビルドイットのアパレルストア

シムシティビルドイットではレベル19になるとアパレルストアをもつことができます。アパレルストアは商業施設に区分されていますが、販売だけでなく製造も行ないます。ですので、ショップとストアのどちらが正しいかというと先述したようにアパレルショップと呼ぶべきです。

アパレルストアの製品には繊維製品はなくアパレル製品があります。キャップ、スニーカー、腕時計、ビジネススーツ、バックパックがあります。

キャップ

キャップはテキスタイル2点と巻尺1点で製造できます。ミシンや接着剤のような接合用品は要りません。

スニーカー

スニーカーはテキスタイル2点とプラスチック1点と接着剤1点で製造できます。パーツの接合用品は接着剤です。

腕時計(サングラス)

腕時計はプラスチック2点とガラス1点と化学物質1点で製造できます。ミシンや接着剤のような接合用品は要りません。

ビジネススーツ

ビジネススーツはテキスタイルx3点と巻尺x1点と接着剤x1点で製造できます。パーツの接合用品は接着剤です。

バックパック

バックパックはテキスタイル2点とプラスチック2点と巻尺1点で製造できます。ミシンや接着剤のような接合用品は要りません。

小括

パーツの接合用品として接着剤を要求するものにはスニーカーとビジネススーツがありました。ふつう、靴や衣服はミシンで縫合しますが、ここでは接着剤で接合する方法が採用されています。この点はこのページ最後の方で「ミシンか接着剤か」として詳述します。

ライムストーン・クリフの繊維製品とアパレル製品

「ライムストーン・クリフ」地域のシルク工場(手前左)と桑畑(手前右)。

ライムストーン・クリフの製品には繊維製品もアパレル製品もあります。桑畑ではシルク(絹織物)を生産し、シルクストアでは糸、扇子、ローブを製造します。

桑畑

桑畑で生産できるのはシルクです。このイラストから絹織物だとわかります。絹糸ではありません。

シルクストア

シルクストアで製造できるのは、糸、扇子、ローブです。

なお、先にアパレルストアとアパレルショップの関係に言及しました。シルクストアの名称も同じように考えられます。取扱製品種が少ない点と製造部門をもつ点から、厳密にはシルクショップと呼ぶべきです。

糸はシルク1点で製造できます。先ほど確認したようにシルクは絹織物のことですから、織物から糸を作るという点で、シムシティビルドイットは設計ミスをしています。本来は糸から織物を作ります。比較的短時間で作れます。

扇子

扇子はシルク2点と木材1点と接着剤1点で製造できます。1点あたりの製造時間が長く、2時間から2時間半かかります。パーツの接合用品は接着剤です。

ローブ

ローブはシルク3点と塗料2点とホームテキスタイル1点で製造できます。ミシンや接着剤のような接合用品は要りません。

小括

ライムストーン・クリフは絹織物産地としての性格から、絹糸・絹織物・絹製衣料品雑貨が作られます。先にも触れましたが、私が疑問に思ったのはこのライムストーン・クリフでの糸と織物の位置づけです。

ライムストーン・クリフ地域では桑畑とシルクストアが用意されます。桑畑ではなぜかシルクつまり絹織物を生産します。そのシルク(絹織物)を今度はシルクストアで糸へ2次加工することになっています。繊維アパレルの研究をしていることから、私としては織物から糸が作られるということに納得できません。

確かに、織物を解いていけば、つまり解体していけば糸を引き出すことはできます。でも、それは糸を作るという作業ではなく、取り出す作業にすぎません。ふつう、織物は糸を経糸と緯糸に振り分けて、織機で交錯させて生地に加工したものです。つまり糸の次の世代が織物であって、けっして逆ではありません。以上がシムシティビルドイットの製品秩序に感じる違和感です。

ミシンか接着剤か

キャップやスーツをはじめとするアパレル製品は、ふつうミシンで縫合して作ります。しかし、残念なことに、シムシティビルドイットにミシンは登場しません。アパレル製品を接合するのは接着剤です。

といっても、最近の靴は実際に接着剤で貼りつけることが多いのは確かです。そして形式上、ミシンの縫い目を靴につけます。そこにミシンが必要とされることもあるわけです。いわばミシンは縫合の意味よりも装飾の意味に使われることが増えてきました。

それでもやはり寂しいものがあります。アパレルストアではスニーカー、ビジネススーツ、バックパックの4点のイラスト(アイコン)にミシンの縫目はありません。辛うじてキャップにはツバの所に3本のミシン縫目を確認できますが。

ちなみに、シルクストアのローブにもミシンの縫目は確認できません。

とにかく、シムシティビルドイットに一貫されている接着剤で貼りつける作業に、私はとても残念な気がしてなりません。接着剤を作る「資材工房」または工芸用品を作る「ホームセンター」にミシンを設けることを強く提案する次第です。

コメント 質問や感想をお寄せください

  1. […] このゲームの紹介や、私なりのこだわりはこちらに書いたので、あわせてご覧ください。 […]

タイトルとURLをコピーしました