時代が変わればシュールも変わる

結婚後に裁縫の上達をめざし洋裁学校でミシンを学ぶ

シンガー コンピューターミシン モナミC singer mon-ami-c シンガーミシン
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ミシン・アンケート:HNさんの回答

シンガー コンピューターミシン モナミC singer mon-ami-c

シンガー コンピューターミシン モナミC singer mon-ami-c

対象となるミシンのメーカーと機種

シンガー モナミC

ミシンの所有者とあなたとの関係

ミシンの用途

はじめは洋裁学校で技術習得のために洋服全般(シャツ、コート、スーツ、スカート等)を作った。洋裁学校なので製図から始まり型紙を起こす工程からおこなったそうだ。今でも来ているものもある。もちろん無償労働である。ボランティアで乳児院に寄付するためのよだれ掛けを作ったこともある。

のちに子供が幼い時に幼稚園の通園グッズを作った。子供が好きな柄の布を買ってきてそれでシューズ入れ、弁当袋、通園かばん、給食袋などを作った。すべて無償労働。

ミシンを買った時期

1993年

ミシンを習った場所

最初は、洋裁が得意な母が家庭でミシンを使っているのを横で見たり、遊びながら使い方を教えてもらっていたりした。小学校、中学校(1975年頃)の家庭科の授業でも習った。

結婚後、専業主婦で時間があったのと、後々子供にいろいろ作ってあげたいという思いから、手芸の上達のために洋裁学校(東京都洋裁学校、1993年-95年)に2年間通って洋服の作り方を学ぶ過程でミシンの使い方を学んだ。上京して間もなかったので友達を作る場という目的もあった。

ミシンに対する思い入れ

私が小学生、中学生の時にエプロンやバッグを作る家庭科の宿題を通してミシンの使い方を教えてあげたこと。ミシンを通して親子の触れ合いの機会ができて嬉しかったそうだ。また、自分が子供に教えてあげられる数少ない技術的なことだったので、ミシンを習っていてよかったと思ったらしい。

中学生のころは男女別に技術と家庭が分かれていたので、今は男子でも洋裁ができないといけない時代になったんだと思ったそう。洋裁学校時代に課題を持ち帰って遅くまで取り組んでいたのも思い出なのだそうだ。

ミシンを使わなくなった経緯や今の使い道

主な理由は2つあり、1つ目は共働きになり時間がなくなってしまったこと。ミシンを使うには使っている時間だけではなく、製図をしたり型紙をつくったりする手間や、材料を買いに行くのに時間がかかるので仕事を始めてからはそれらに割く時間が無くなった。

2つ目に最近は既製品が安いので自分でミシンで物を作って、それを使うことがなくなった。実用的な製品は既製品を買った方が物がよく、かつ安上がりになる。

洋裁は好きなことなので時間がある老後に再開しようと思っているそうだ。

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フェリシモ「コレクション」