troy zalopany and associates eye floaters 9gag cara membersihkan kerak dalam knalpot 2 takt quote using alacrity gewindezyklus pal eragon series how many books has stephen
子供にミシンが必要な理由

ミシンから得られるモノ:トヨタミシンEZA913

その他のミシンの思い出
この記事は約4分で読めます。

ミシンから得られるモノ:トヨタミシンEZA913

このページでは「ミシンから得られるモノ」と題した、トヨタミシン「EZA913」の思い出を学生アンケートから紹介しています。

アンケートの紹介にあたり、学生レポートの日本語や文脈などの修正を私が行なっています。また、紹介に際して学生の許可を事前にいただいています。

ミシン所有者とあなたの関係

そのミシンを所有している方はあなたから見てどなたに当たりますか?

母です。

その方の生年やミシン利用期間の西暦や居住地

1976年生まれ、12年間、奈良県奈良市在住。

ミシン本体について

トヨタミシン「EZA913」

  1. ミシンのメーカー:トヨタミシン(アイシン精機)
  2. ミシンの機種:EZA913
  3. ミシンの購入年:2012年

ミシンの性能

今使っているミシン(トヨタミシン「EZA913」)を買う以前に使っていたミシンは業務用ミシンでした。そのため、糸通しも最初から最後までしなければならなかったが、今使用しているミシンは性能が新しいために、機械が自動で糸通しを行ってくれるという性能があるそうです。

しかし、母にとっては自分で糸通しやボビンなどすべての作業を自分自身でやる方が手ごたえを感じるそうです。母は、自分でカーテンなどのデザインを考えて作っていたため生地が厚くなる場合もあります。その点、業務用ミシンは厚地も楽に縫えたが現在のミシンでは難しいためそこも現在のミシンのいやな部分であると言っていました。

ミシン技術の習得先

今持っているミシンのためではないですが、高校学校卒業後に天神橋筋六丁目駅が最寄り駅であるマロニエファッションデザイン専門学校というところで、スーツのデザインを考えるという授業があり、その時にミシンの使い方を学んだそうです。

ミシンの使い道

トヨタミシン「EZA913」

ミシンの所有者はミシンをどのようなことに使いましたか?

今使っているミシン(トヨタミシン「EZA913」)は、雑巾や裾上げなど既に完成しているモノのサイズ調節や私(娘)が学校などで使うためのモノなどを作るために使用しています。現在のミシンを買う前に使っていた業務用ミシンではカーテンや服など1からモノを完成させるためや趣味のためなどで使っていました。

誰のために何を作ったか、作ったものを具体的に書いてください。

母がミシンの使い方を習った時はスーツを作ったそうです。段々と慣れていき、自分専用の業務用ミシンを買った時は母自身と私(娘)のためにカーテンやジャケット、パジャマなど家庭用品や洋服を作ったそうです。

主に、直線縫ジグザグ縫を用いていました。袖や裾には手でまつり縫いをしていたそうです。現在使っているミシンでは主に私(娘)のために雑巾(学校で用いる)作りや裾上げをするために使い、こちらも前文で述べたような縫い方を用いて使ったそうです。

無償労働か有償労働かの区別も入れて下さい。

無償労働

ミシンの現在

私(娘)が保育園や小学生の頃は用具や、洋服、カーテンを作るためによく用いられていましたが、現在では裁縫屋などが時間短縮にもなり身近でアクセスしやすい場所にあったり、購入する際にサービスで裾上げを行ってくれるお店が多くなってきていたりするため、お店に頼ることが多くなりました。

1からモノを作るにしても材料費が高いため、お店で買う方が安く、お手頃であるためその面でもお店に頼ることが多くなってきています。他にも昔は、スカートやズボンの裾上げなど多くの面で活躍していましたが私(娘)が成長するとともに使う機会も減りより一層日常生活にあまり使用されなくなりました。主に日常生活では使わないため収納されていて重く収納場所から出しにくいため、日に日に使われる頻度が減っていきました。

現在では、母の仕事も佳境に入り忙しく利用する時間を得られなくなってきているため数年ほど使っておらずミシンを使って何かモノを作りたいと思っていても難しい状況にあります。

ミシンへの思い入れ

まず、ミシンを見ると母の学生時代がよみがえるように思い出されるそうです。今でもミシンを使って何かを作りたいといつも言っています。母にとって、ミシンを用いて洋服や小物などを作ることはストレス発散ではないですが、普段の息抜きにもなるし自分(母)が自分から進んで行動をしてしまいたくなるほどとても大好きな時間なのだと言います。

作っている最中は、出来上がった時のこと、例えば完成品を実際に使っている時、子どものために作ったのであれば自分が作った洋服を子供に着せた時、その時の子供の笑顔などを浮かべながら作るととても順調に進み、とても自分にとって誇らしく達成感や他にも何か作りたいなど好奇心が沸き起こってくると言いました。完成させることが中心ではないと、母は言っていました。

生地選びやどんな服にしようかや、カーテンであれば部屋ごとにスタイルがあるためそれに合わせた柄を試行錯誤するなど準備段階からいろいろなことを熟慮してミシンを用い始めます。それでさえ、ワクワクさせられとても楽しい気持ちになると言っていました。母は、ミシンに対して作ったモノではなく作ったモノを使う人の笑顔などが好きなのだと思います。

コメント 質問や感想をお寄せください

タイトルとURLをコピーしました