小規模仕立業者の経営から読み解くファッションの社会経済史

出版社ページの「著者メッセージ」にて自著『近代日本の衣服産業-姫路市藤本仕立店にみる展開-』の面白みを紹介しています。

みてみる

しんしん

スポンサーリンク
ジューキ社

ジューキ DDW-9A型(1本針本縫ミシン)

ジューキ DDW-9A型(1本針本縫ミシン)を紹介しています。シンプルで軽快な高性能機。あらゆる種類の本縫にひろく使えて、縫い調子のよさに定評あり。
ミシン関連情報

ジャノメ100周年記念モデル登場

「蛇の目ミシン工業株式会社」から「株式会社ジャノメ」に変更。これをうけジャノメ100周年記念モデルが登場。「Epolku(エポルク)」「Hyper Craft 850」「SECiO 9720P」のオシャレなイメージやコンセプト、そして性能などをご紹介しています。
2021.10.19
ハンドメイドで服づくり

織物から衣服雑貨へ加工:裁縫につかう裁断機とミシン

裁縫の作業を簡単に説明しています。「繊維⇒糸⇒布(織地・編地)」となった布を「切って縫う」作業が裁縫です。英語でいえば「カッティング」と「ソーイング」。裁断機(カッティングマシン)やミシンの活躍する裁縫の世界を少しでも知ってみてください。
2021.10.16
スポンサーリンク
ハンドメイドで服づくり

糸から織物へ加工:織物の構造と編物の構造

洗練された糸を使って織物や編物をつくります。この記事では(1)織物生地を作る経糸と緯糸(2)編物生地を作る糸、この2種類の糸をもとに、糸から織物へ加工する段階を紹介して、織物の構造や編み物の構造を説明しています。
2021.10.16
ハンドメイドで服づくり

繊維の種類と糸への紡績加工

繊維の種類と糸への紡績加工を説明。繊維を知る方法は服や雑貨の商品ラベルを見ることです。繊維の種類には天然繊維と化学繊維に大別できます。紡績加工には撚る・紡ぐ・積むなどの工程(精練工程や粗紡工程)があります。これらも解説しています。
2021.10.16
ミシン関連情報

オルガン針創業100周年記念誌「一本の針に心を込めて」

長野県上田市にあるミシン針メーカーのオルガン針株式会社の創業100周年の冊子「一本の針に心を込めて」を謹呈して頂きました。2020年6月に刊行されたものです。以下に冊子の紹介や同社の略史について述べてみたいと思います。
2021.10.17
ハンドメイドで服づくり

パフミシンのDIY:ワイヤー・ヘッドバンド

パフミシンがDIYのワイヤー・ヘッドバンドの作り方を公開しています。英語で書かれているので日本語に訳して簡単にご紹介します。ヘッドバンドにゲージワイヤーを縫いつけるだけで、1950年代の雰囲気をしたスタイルができます。

2021.10.17
ミシン関連情報

2020年のミシン記事トップテン

2018年12月に当サイト「ミシンの世紀」を開設し、2年を迎えました。今年はコロナ禍ゆえに、自宅のミシンを使ってマスクを作るという作業が流行りました。今年の1年間に多く読まれた記事トップテンを以下に紹介いたします。
2021.10.19
ミシン関連情報

『近代日本の衣服産業』著者メッセージ

拙著「近代日本の衣服産業-姫路市藤本仕立店にみる展開-」を出してくださった思文閣出版のウェブサイトに、400字ほどで著者メッセージを寄稿しました。このメッセージを書いてから、2つ書き足りない点に気づきました。
2021.10.19
開発・特許・競争

日本のミシン国産化年表:ミシンメーカーの展開と輸入動向

このページでは日本のミシン国産化年表を紹介しています。ブラザーミシン、ジャノメミシン、三菱ミシンなどの日本ミシンメーカーの展開や国産ミシンの台頭を中心に、ミシン製作やミシン改良の歴史を分かりやすくまとめています。
2021.10.22
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました