子供にミシンが必要な理由

ジャノメミシンの思い出

ジャノメミシンの思い出を述べた記事を紹介しています。

ジャノメミシンの思い出

ミシンと母の思い出:ジャノメ プレール18 643型

このページでは「ミシンと母の思い出」と題した、ジャノメ社の「プレール18 643型」の思い出を学生アンケートから紹介しています。27年間も壊れずに動いてくれるこのミシンは家族の成長や思い出がたくさん詰まっている一台だそうです。
ジャノメミシンの思い出

祖母のミシンについて:ジャノメ JE2300 600型

このページでは「祖母のミシンについて」と題した、ジャノメ社の「JE2300 600型」の思い出を学生アンケートから紹介しています。小さいときから、祖母とミシンの関係は密接であり生活と一部になっていました。
ジャノメミシンの思い出

趣味として大切に使っているミシン:ジャノメ N-555

このページでは「趣味として大切に使っているミシン」と題した、ジャノメ社の「N-555」の思い出を学生アンケートから紹介しています。昔はミシンに対して苦しい思いがありましたが、今では趣味として大切に使っているそうです。
ジャノメミシンの思い出

達成感を感じさせてくれる:ジャノメ電子ミシン S6030

このページでは「達成感を感じさせてくれる」と題した、ジャノメ社の「電子ミシン S6030」の思い出を学生アンケートから紹介しています。挑戦したいという気持ちや思い通りに作れた時の達成感を感じさせてくれるのはミシンがあるからだと話していました。
ジャノメミシンの思い出

子供への愛をミシンに込めて:ジャノメ社「751型3555」

このページでは「子供への愛をミシンに込めて」と題した、ジャノメ社の「751型3555」の思い出を学生アンケートから紹介しています。この題名はダブルネーミングにしています(後述)。
2019.11.04
ジャノメミシンの思い出

必要なら今後もミシンを使いたい:ジャノメ プレール900

このページでは「必要なら今後もミシンを使いたい」と題した、ジャノメ社の「プレール900」の思い出を学生アンケートから紹介しています。懐かしい気持ちとともに過去を思い出すいい機会になりました。
2019.11.04
ジャノメミシンの思い出

ミシンと母:ジャノメ ダイヤルスーパー70(680型)

このミシンのメーカーはジャノメで、機種は「ダイヤルスーパー70」です。モデル番号は680型です。カムを交換するだけで、直線縫いをはじめ、絵模様縫い、2本針縫い、アルファベット・ステッチ縫いができます。ポータブルタイプなので、どこにでも持ち運べます。
ジャノメミシンの思い出

祖母とミシン:ジャノメ足踏式ミシンの思い出

私は祖母にミシンについての話を聞きました。祖母は1938年生まれで、1961年に結婚しました。嫁入り道具として足踏式ミシンをもって行ったそうです。祖母のミシンはジャノメの足踏みミシンでしたが、型は覚えていません。
2019.09.16
ジャノメミシンの思い出

ミシンで子供に作った保育園用バッグ・スモック・弁当袋

中学校でミシンを習った時より自分で買った時の方がミシンがかなり進化していて驚いた。キャラ物を自動で縫う機能や他の手動だった部分が機械化されて時代の移り変わりを感じた。子供用の服などを作ってからは自分で手直しすることで子供の成長を感じた。
2019.09.16
ジャノメミシンの思い出

ミシンを通して子供の成長を感じて嬉しくなった

ミシンを買うときに担当の方が家に来て2時間ほど説明を受け、説明のビデオがついていたのでそれを学んだそうです。母親は外国の人でフィリピンの方です。フィリピンの小学校5年生・6年生の時にミシンの授業があったそうです(1978年から1979年)。
2019.09.16
ジャノメミシンの思い出

1台目のミシンを見ると娘のために頑張ったことを想起

本格的にミシンの使い方を学んだことは30代以降になるそうで、それまではミシンの使い方がからっきしで姉が幼稚園に通う頃は祖母に教えてもらいながらだったが、私が幼稚園に通う頃には1人でも十分ミシンを使うことができるようになったそうです。
2019.09.16
ジャノメミシンの思い出

化粧ポーチやティッシュケースをミシンで制作

母はこのミシンを私や兄2人、また、父のために使っています。最近ではズボンの裾やボタン付けの際でも使っています。私も高校生くらいから趣味で裁縫をするようになり、化粧ポーチやティッシュケース、などを作る際にこのミシンを使っています。
2019.09.16
ジャノメミシンの思い出

祖母から母そして私へと親子三代で使ってほしいミシン

祖母が一生もんと決めて購入したのを覚えています。祖母から母、母から私と親子三代で使って欲しいと常々言っていました。現在、母がミシンを使い小物を作っています。祖母が認知症を患い、ミシンを正常に使いこなせない為、ミシンが母の手に渡りました。
2019.09.16
ジャノメミシンの思い出

キルトをベースにパッチワークを施したクッション

パッチワークを施したクッションなどが複数個ソファーの上に置いてあり、普段から使用しています。手縫いをする事をありますが、やはりミシンの方が素早く出来るため、時間に余裕がないときや、まっすぐなラインで縫いたい時などに使用するそうです。
2019.09.16
ジャノメミシンの思い出

おばあちゃんはミシンを嫁入り道具として結婚時に持参

おばあちゃんはミシンを嫁入り道具として、結婚したときに持ってきたそうです。おばあちゃんのお母さんはミシンを使ったことがなかったため、おばあちゃんはほとんど独学でミシンの勉強をしたそうです。ミシンもすぐに使えるようになったそうです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました