小規模仕立業者の経営から読み解くファッションの社会経済史

出版社ページの「著者メッセージ」にて自著『近代日本の衣服産業-姫路市藤本仕立店にみる展開-』の面白みを紹介しています。

みてみる

ストローベル社

ミシンのカタログからストローベル社のミシンを紹介しています。かなり特殊なミシンが多く、新しい発見があるかもしれません。このカテゴリーに収めた各記事も意外にワンダーランドかも…。

スポンサーリンク
ストローベル社

ストローベル 40-2-H:2本糸皮手袋まつい縫ミシン

ストローベル社の2本糸皮手袋まつい縫ミシンです。型番は「40-2-H」。スリッパ、室内履きなどの薄い布地の中底を縫合するのに適しています。インチあたり縫目の長さは1~2.5ミリで、速力は1200~1400です。本機の新式は140-S型です。
ストローベル社

ストローベル 58-1-K:大型掬い縫環縫ミシン

ストローベル社の大型掬い縫い環縫ミシンです。型番は「58-1-K」。本機の特徴は、作業台の設計にあります。衿の八刺し(芯地縫い)作業で、縫いながら自然に丸みをつけ、胸元に豊かな美しい返しを作ります。上衿・下衿ともに同一方向に刺せます。
2021.10.21
ストローベル社

ストローベル 45-25:小型掬い縫環縫ミシン

ストローベル社の小型掬い縫い環縫ミシンです。型番は「45-25」。1本針1本糸環縫ミシンで、筒型作業台をもち、ズボン(パンツ)の裾、上衣の袖口まつい縫い、メリヤス用の裾まつい縫い、靴下の折込からげ、ゴムテープなどの作業に好適。
スポンサーリンク
ストローベル社

ストローベル 130-KR:しつけ縫(もみ出し)ミシン

ストローベル社のしつけ縫(もみ出し)ミシンです。型番は「130-KR」。1本糸環縫ミシンで、もみ出しローラーつき。背広(ジャケット)の襟・裾、ズボン(パンツ)の裾上げ・腰当など、オーバーの裾などの仮縫い(しつけ)に適します。
2021.10.13
ストローベル社

ストローベル 45-23:環縫1本針掬い縫ミシン

ストローベル社の環縫1本針掬い縫ミシンです。型番は「45-23」。オーバーコート、スーツ、スカート、婦人物の縫製に適します。跳び縫い(2目跳び)の装置をもち、かなりの薄物から厚物までの一般裾まつい縫い用です。
ストローベル社

ストローベル 44-2-N:一般襟刺用(八刺)掬い縫ミシン

ストローベル社の一般襟刺用(八刺)掬い縫ミシン。型番は「44-2-N」。紳士服や婦人服、オーバー、コートなどの折襟の成型をします。特別に設計された装置によって、自動的に衿のロール(丸み)をつけながら、芯地と表地を制して自然な折襟を作ります。
ストローベル社

ストローベル 43k3:毛皮コートの裏地の刺縫ミシン

これは、ストローベル社の毛皮コートの裏地の刺縫ミシンです。型番は「43k3」。42k1と同型です。本機は毛皮コートの裏地を格子縞などの模様につまみ、刺し縫いをします。また、縁テープからげにも使えます。
ストローベル社

ストローベル 30-12:2本糸奥まつい縫ミシン

ストローベル社の2本糸奥まつい縫いミシン。型番は「30-12」。本機は30型と同じですが、2本糸まつい縫いをします。背広(スーツのジャケット)、オーバーコートなどの胴裏縫いつけ用です。針が細かくジグザグ運動をするので、縫目は千鳥縫いになります。
2021.10.13
ストローベル社

ストローベル 25:ポケット縁取り用ミシン

これは、ストローベル社のポケット縁取り用ミシン。ポケット(蛇腹)の両蓋、はりつけポケットの縁縫い、上衣の背割れ押え、肩縫目の押え、脇縫い目の押え、上衣の背開き部などに使います。また、ズボン(パンツ)の膝当てや裾からげ縫いもできます。
ストローベル社

ストローベル 24H:ズボンの折り目つけ用ほし縫ミシン

これは、ストローベル社の、ズボンの折り目つけ用ほし縫ミシンです。型番は「24H」。1本針2本糸本縫掬い縫いミシン。ズボン(パンツ)の折り目つけ用として、とくに略式替えズボン、制服、作業用ズボンに適し、2本糸千鳥からげ縫いのため伸縮性があります。
スポンサーリンク
この記事をシェア
ミシンの世紀をフォロー
タイトルとURLをコピーしました