小規模仕立業者の経営から読み解くファッションの社会経済史

出版社ページの「著者メッセージ」にて自著『近代日本の衣服産業-姫路市藤本仕立店にみる展開-』の面白みを紹介しています。

みてみる

ミシンのカタログからシンガー社のミシンを紹介

ミシンのカタログからシンガー社のミシンを紹介 シンガー社

ミシンのカタログからシンガー社のミシンを紹介しています。

かなり特殊なミシンが多く、新しい発見があるかもしれません。

このカテゴリーに収めた各記事も意外にワンダーランドかも…。

スポンサーリンク
シンガー社

シンガー 51-6 & 51-10:閂止ミシン

シンガー社の閂止ミシン「51」シリーズ。股下の紐付けや被服の紐付けに閂止縫いをするミシンです。6本の長い縫と12本の横切縫をします。閂止をすると同時にボタン穴の端を閉じてこれをもつ嘴を備えています。閂の長さ1インチの1/8~1/4"。
シンガー社

シンガー 51-6 & 51-10:閂止ミシン

シンガー社の閂止ミシン「51」シリーズ。股下の紐付けや被服の紐付けに閂止縫いをするミシンです。6本の長い縫と12本の横切縫をします。閂止をすると同時にボタン穴の端を閉じてこれをもつ嘴を備えています。閂の長さ1インチの1/8~1/4"。
シンガー社

シンガー 26W107:ラベル縫付用ミシン

シンガー社のラベル縫付用ミシン。型番は「26W107」。ラベル(ネーム入りマーク)縫付ミシン。シャツ、下着、敷物、毛布などにマークを縫いつけます。2本針、本縫、下送り。縫目読みストップモーション装置は20から60まで読み、自在に加減できます。
スポンサーリンク
シンガー社

シンガー 22K5:円形ボタン穴縢縫ミシン

これは、シンガー社の円形ボタン穴縢縫ミシン(あなかがりぬいミシン)です。型番は「22K5」。長さ1/2”か1・1/2”までのボタン穴をかがります。裁断器と先細り棒つき。ボタン穴の長さは1・3/8”まで。停止装置あり。速力は1000です。縫見本あり。
シンガー社

シンガー 32-58:スカラップ飾縫ミシン

シンガー社のスカラップ飾縫ミシンです。型番は「32-58」。2本針舟1個と動揺指導具が”フロス”または絹糸のためについています。製品は、直線、スカラップステッチ、千鳥縫い(ジグザグ縫い)などの各型に仕上がるよう俗称に「小スカラ」をいいます。
シンガー社

シンガー 32-57:飾縫ミシン(飾りミシン)

これは、シンガー社の飾縫ミシンです。型番は「32-57」。婦人上シャツ、衿、赤ちゃんの帽子などに飾り縫いをします。直線か曲線の縁を縫合し、その間に飾り縫いをします。定規と表面飾縫に対し、ふつう喉板をつけます。接合用ジグザグ縫いに用います。
シンガー社

シンガー 31-63:2本針襞取ミシン

これは、シンガー社の2本針襞取ミシンです。襞取り縫いミシン。型番は「31-63」。1"の1/2より6"、7/16”の巾の織地に一重、二重、三重、四重の折畳や襞を作ります。また、1/8から5/8までの深さに折ることができ、右手の針と定規の最大間隔は2.5インチ。
シンガー社

シンガー 21W180:1本針本縫ミシン

これは、シンガー社の1本針本縫ミシンです。型番は「21W180」。14W2と同一構造で、普通押式布地用ミシン。オーバーオール、スカート、下着、被服裁縫、油布に使います。鈎鞍完部(開きつき)。下送り。111W100や109W100が後身。速力は1800です。
シンガー社

シンガー 19W1:丸穴縢縫ミシン(まるあなかがり)

これは、シンガー社の丸穴縢縫ミシンです。布地に丸穴を作ります。円周送りをもち、丸型押しをつけます。縫いはじめから縫い止めにいたると自動的に停止します。部分品の取り換えると穴の大小を変更できます。速力は1000です。19W種・19種のシリーズ解説も添付。
シンガー社

シンガー 18-2:靴甲皮縫ミシン

シンガー 18-2:靴甲皮縫ミシン これは、シンガー社の靴用ミシンです。型番は「18-2」。針の左で下送り。車押え。速力は1400です。他にシンガー社第18種のシリーズ主要機種の説明も添付。
スポンサーリンク
この記事をシェア
ミシンの世紀をフォロー
タイトルとURLをコピーしました