子供にミシンが必要な理由

ミシンの思い出

ミシンの思い出ミシンの思い出

学生たちに回答して頂いたアンケートの結果や文章をまとめています。テーマはミシンの思い出をご家族などにインタビューすることです。過去のミシンを人生に重ねて描いた文章の数々。ミシンの歴史を垣間見たり、レトロなミシンを眺めたりしてください。

アンケート対象者の方の当時の居住地も市群レベルで項目に入れています。これは洋裁学校との距離を図ろうとしたものです。しかし、対象者の世代によっては、洋裁学校や洋裁教室に行かず自分の母からミシンを教えてもらったというアンケート結果が集中し、居住地のアンケート項目が浮いた形になっています。これもまた、ミシンや洋裁の歴史の灯を感じるところです。

言い換えると、アンケートの対象者が学生の母であることが大きな理由です。

学生のお母さん方は40代または50代が多く私の世代に近いです。この世代になると、洋裁学校や洋裁教室に通う人口がガクンと減っています。また就職し始めたのが1980年代また1990年代ですので、日本のバブル崩壊の直前直後ということになります。

そのため、アパレルに勤めたアパレル工場でミシンを踏んだという方がいません。でもアンケートの対象者がもし学生たちの祖父母であった場合に、洋裁学校や専門学校に通っていたという方は一気に増えるはずです。またアパレル工場に勤務したことがあるという方も増えるはずです。

アンケートの全体からは、そのような世代が50代の息子や娘にミシンを教えたという構図が見えてきます。そうしますと、自分に染みついたミシン裁縫や手動裁縫は、実は親子で教えれる技術に過ぎなかったということも分かります。それを洋裁教室が洋裁学校というのは、大げさに高度な技術を身につけるという宣伝によって、1970年代ころまでかなり誇大に宣伝して学生を集めたんだということも分かります。

ジャノメミシンの思い出

祖母の技術の秘密:ジャノメ ニューペリシアex956

新型コロナウイルスの影響でマスクが買えなくなっていますが、最近、私は様々な布を使ってマスクを作っています。ハンカチを使って作ると少し変わったマスクも作ることができ、家にばかりいる最近の楽しみの一つでもあります。
シンガーミシンの思い出

家族を支えた裏方:シンガー アプリコットII 9700

機種にこだわりがあったとかではないです。私はそれまであまり縫い物などはしてきませんでした。当時はシンガー アプリコットⅡ 9700(コンピュータ・ミシン)が最新機種で、いろいろ珍しい機能がついていておもしろそうでしたから、これを選びました。
ブラザーミシンの思い出

祖母の愛情:ブラザー コンパルエース ZZ3-B765

今の時代、ネットショッピングやお店でたくさんの物が簡単に手に入りますが、手作りは作り手も、もらい手も思い出ができますし、特別なものとなると思います。ですから、私もこのミシンで子供に手作りのものをたくさん作ってあげたいです。
スポンサーリンク
ジャノメミシンの思い出

叔母の生活を彩り豊かにしてくれるもの:ジャノメ メモリークラフト6000

叔母のすごいところは、専門学校などに通って洋裁をしていたわけでもないのに我流でミシンを簡単に扱えてしまうところです。なので私のような洋裁が苦手な人でもミシンさえあれば色々なことができるようになるのではないかと思います。
シンガーミシンの思い出

母と私のソーイング:シンガー ヌイヌイ 4805C

何年か前からは自分のために洋服を作っています。主に、夏用のワンピースを作ります。今でもステッチは直線縫いとジグザグ縫いがほとんどです。子どもが小さかったころよりは自分で洋服を作ったりする人が増えているように思います。
ブラザーミシンの思い出

人を紡ぐ機械:ブラザーペースセッター ZU2-B610

それからは子供の給食袋や体操服袋などを作りました。高校生の時は足踏みミシンだったので時間がかかりましたが、電動になりだいぶ楽に製作出来るようになりました。母からミシンを教わり、それで子供に物を作ってあげる。やはりミシンは母から私に確かに伝達していました。
ジャノメミシンの思い出

家庭を繋ぐパワー

ロックミシンや職業用ミシンといった多種類のミシンがあり、今まで一様に「ミシン」と一括りしていたものとは違ったものがあるということを知ることができました。またインタビューを聞いたとき、各家庭を繋ぐ目立たないけど温かいパワーを感じました。
その他のミシンの思い出

何かを生み出し続けたRomano

小学校の時、夏休み明けに雑巾を持参しないといけなかったのですが、母がミシンでタオルから雑巾を作ってくれたり、お弁当袋を好きなキャラクターの布で作ってくれたりと、とても嬉しかったなと友人の話を聞いて改めて思いました。
シンガーミシンの思い出

呉服屋のわがまま末っ子娘:シンガー MON AMI II deluxe 390

コロナウイルスの影響で自宅での時間が増えていますが、その時間をどう使うのかはそれぞれやり方があると思いますが、何か新しいことに挑戦してみてはいかがでしょうかと思います。
シンガーミシンの思い出

夢への第一歩:シンガー SN771

ファッションショーの話を聞いてみんなで話し合い苦難を乗り越えていったことを聞き、ミシンが家族と同様に友達との仲も深めてくれたと思いました。今回のインタビューでミシンは人と人をもつなげてくれる物だと実感しました。
ジャノメミシンの思い出

私の高校時代を支えてくれてありがとう:ジャノメ J7150

親から子へ、またその後輩へと受け継がれているミシンは、きっと母の手に渡る前にもいろんなストーリーを経験しているのだろうと思います。このレポートがきっかけとなって、自分の幼少期にお世話になったミシンについて知ることができてよかったです。
ジャノメミシンの思い出

ミシン需要の変化~祖母と母の時代を対比して~

ミシンを使う使わないに関わらず嫁入り道具として需要があった昭和初期と、使わなくてもなんでも手に入る中で、あえてミシンを購入する人がいる現代との対比ができたので、どちらか1人ではなく2人にインタビューしてよかったなと思います。
シンガーミシンの思い出

祖母とミシン:シンガー メリット 7800

ミシンが親子の1つのコミュニケーション手段になっていたのです。インタビュアーである私も将来結婚して子供が出来たら、是非ミシンで子供にお洋服や人形を作ってあげたいと思いました。
ジャガーミシンの思い出

母から子へ紡いだもの:ジャガーCS-313

今、世界中で影響を出しているコロナウイルス、その影響でマスクが品不足になっています。うちの家庭でもマスクが足りなくなって手作りマスクをミシンで製作するようになったと言っています。この機会に多くの人がミシンを使って何かを製作する機会が増えるように思えます。
ブラザーミシンの思い出

見返して初めて気づく親心:ブラザー CPS52

結婚後、新居にはミシンがありませんでした。実家にはあったものの古くて持ち出せず、いつか必要になることが予測できたため購入しました。買い物のときに立ち寄ったジャスコ久御山店にて購入しました。いまはイオンになっているお店です。
ブラザーミシンの思い出

一家に一台あったら便利なものの話

今年になって新型のコロナウイルスが流行り始めました。不織布でできたマスクが足りず世間が布マスクを求めだした頃、ミシンが動かなくなってしまったことを伝えていなかったためインタビュアーが布マスクを作りたいからミシンを貸してほしい、と電話をしてきました。
ブラザーミシンの思い出

母の子育てとブラザー イノヴィスP-100

実際に母にミシンのインタビューしてみて、思ったより母にとって感慨深い思い出の数々があったんだなと感じました。母がミシンを購入したのが、私が生まれてしばらくした後、幼稚園の入園の時だったということを初めて聞いてとても驚きました。
ブラザーミシンの思い出

時代の移り変わりのはやさを示すミシン

時代の移り変わりの早さをインタビューを通じて感じるとともに、昔は身近な存在であっただろうミシンが、今は触れられることすら滅多にないという事実にどこかもの悲しさを感じました。
ジューキミシンの思い出

母の人生:ジューキ ぬいひめ Love5800N

少し気になってミシンについて調べてみました。するとミシンのイメージが少し変わりました。理由に関していえば、ミシンは服を縫うだけではないからです。
その他のミシンの思い出

手作りという温かさの実感を子どもたちにも:アックスヤマザキAG-001

ミシンを用いた手作りの物から得た母親の温もりというのは、他の何かでは代用ができません。なぜなら、それは母が私のために作ってくれた唯一無二の物だからです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました