子供にミシンが必要な理由

ミシンの思い出

ミシンの思い出ミシンの思い出

学生たちに回答して頂いたアンケートの結果や文章をまとめています。アンケートのテーマはミシンの思い出をご家族などにインタビューすることです。過去のミシンを人生に重ねて描いた文章の数々。

アンケート対象者の方の当時の居住地も市群レベルで項目に入れています。これは洋裁学校との距離を図ろうとしたものです。しかし、対象者の世代によっては、洋裁学校や洋裁教室に行かず自分の母からミシンを教えてもらったというアンケート結果が集中し、居住地のアンケート項目が浮いた形になっています。これもまた、ミシンや洋裁の歴史の灯を感じるところです。

言い換えると、アンケートの対象者が学生の母であることが大きな理由です。

学生のお母さん方は40代または50代が多く私の世代に近いです。この世代になると、洋裁学校や洋裁教室に通う人口がガクンと減っています。また就職し始めたのが1980年代また1990年代ですので、日本のバブル崩壊の直前直後ということになります。

そのため、アパレルに勤めたアパレル工場でミシンを踏んだという方がいません。でもアンケートの対象者がもし学生たちの祖父母であった場合に、洋裁学校や専門学校に通っていたという方は一気に増えるはずです。またアパレル工場に勤務したことがあるという方も増えるはずです。

アンケートの全体からは、そのような世代が50代の息子や娘にミシンを教えたという構図が見えてきます。そうしますと、自分に染みついたミシン裁縫や手動裁縫は、実は親子で教えれる技術に過ぎなかったということも分かります。それを洋裁教室が洋裁学校というのは、大げさに高度な技術を身につけるという宣伝によって、1970年代ころまでかなり誇大に宣伝して学生を集めたんだということも分かります。

その他のミシンの思い出

思い出は私と姉に作ったエプロン:ジューキ ALLOWNE HZL-008N

このページでは「思い出は私と姉に作ったエプロン」と題した、ジューキ社「HZL-008N」の思い出を学生アンケートから紹介しています。一番思い出に残っていることは私と姉に作ったエプロンです。
ジャノメミシンの思い出

ミシンと母の思い出:ジャノメ プレール18 643型

このページでは「ミシンと母の思い出」と題した、ジャノメ社の「プレール18 643型」の思い出を学生アンケートから紹介しています。27年間も壊れずに動いてくれるこのミシンは家族の成長や思い出がたくさん詰まっている一台だそうです。
その他のミシンの思い出

1980年代中国で嫁入り道具だったミシン:蜜蜂牌JBI-3

このページでは「1980年代中国で嫁入り道具だったミシン」と題した、上海缝纫机三厂(上海ミシン第3工場)の「蜜蜂牌JBI-3」の思い出を学生アンケートから紹介しています。母の愛情を込めていたミシンは、家族全員にとってとても大切なものです。
スポンサーリンク
その他のミシンの思い出

祖母の思い出が溢れるミシン:ヒョプジン(HYUPJIN)

「祖母の思い出が溢れるミシン」と題した、ヒョプジン社製ミシンの思い出を学生アンケートから紹介しています。大型のミシンのペダルを踏むと、うるさい音を出しながら布が新しいものに変わっていく姿を見ることが不思議で好きでした。
シンガーミシンの思い出

ハンドメイドのあたたかみ:シンガー メリット SH-330

このページでは「ハンドメイドのあたたかみ」と題した、シンガー社の「メリット SH-330」の思い出を学生アンケートから紹介しています。手作りの大変さを超えるハンドメイドのあたたかみを製作する側から感じたようです。
シンガーミシンの思い出

祖父母の思い出が詰まったミシン:シンガー メリット 7800

「祖父母の思い出が詰まったミシン」と題した、シンガー社の「メリット 7800」の思い出を学生アンケートから紹介しています。ミシンの思い出を聞くことで、私の家や祖父母の家に飾っているモノ、使用しているモノの大半が祖母の手作りだと気づきました。
ジャノメミシンの思い出

祖母のミシンについて:ジャノメ JE2300 600型

このページでは「祖母のミシンについて」と題した、ジャノメ社の「JE2300 600型」の思い出を学生アンケートから紹介しています。小さいときから、祖母とミシンの関係は密接であり生活と一部になっていました。
その他のミシンの思い出

半世紀近く仕事に使った2台のジューキ工業用ミシン

このページでは「半世紀近く仕事に使った2台のジューキ職業用ミシン」と題した、ジューキ社の「ddl-555-2」と「MO-814 CLASS BD4」の思い出を学生アンケートから紹介しています。アパレル工場でも使い、育児休暇中は請負で服づくりに励みました。
2019.11.07
ブラザーミシンの思い出

人を思いやる気持ちがこもったミシン:ブラザー BS-100 EL617

「人を思いやる気持ちがこもったミシン」と題した、ブラザー社の「BS-100 EL617」の思い出を学生アンケートから紹介しています。このミシンをこれからも大事に使っていきたいですし、いつか孫のためのもこのミシンを使えたらいいなと思っています。
2019.11.13
シンガーミシンの思い出

母とミシン:シンガー キューティー 9000

このページでは「母とミシン」と題した、シンガー社の「キューティー 9000」の思い出を学生アンケートから紹介しています。母の様々な思い出が詰まっており、母にとって良い意味でも悪い意味でも思い入れのあるミシンです。
ブラザーミシンの思い出

これから先も趣味はミシン!:ブラザー Sensia 120 CPV7203

このページでは「これから先も趣味はミシン!」と題した、ブラザー社の「Sensia 120 CPV7203」の思い出を学生アンケートから紹介しています。インタビューの最後に祖母は久しぶりに私のカバンも作ってあげると言ってくれました。
2019.11.13
ブラザーミシンの思い出

憧れのミシン:ブラザー creative studio II TAT7602

「憧れのミシン」と題した、ブラザー社の「creative studio II TAT7602」の思い出を学生アンケートから紹介しています。デザイナーに憧れてミシンに夢を乗せていた訳ですが、夢が断たれた今は、悲しさと悔しさと、まだ諦め切れない夢の象徴としてあるようです。
シンガーミシンの思い出

暇つぶしのミシン:シンガー SN773

このページでは「暇つぶしのミシン」と題した、シンガー社の「SN773」の思い出を学生アンケートから紹介しています。祖母にとって、このミシンは暇つぶしの道具だけでなく、弟や私をつなぐ大切なミシンだと言っていました。
ジャノメミシンの思い出

趣味として大切に使っているミシン:ジャノメ N-555

このページでは「趣味として大切に使っているミシン」と題した、ジャノメ社の「N-555」の思い出を学生アンケートから紹介しています。昔はミシンに対して苦しい思いがありましたが、今では趣味として大切に使っているそうです。
ブラザーミシンの思い出

母のミシンへの2つの思い出とため息:ブラザー ELU5801

このページでは「母のミシンへの2つの思い出とため息」と題した、ブラザー社の「ELU5801」の思い出を学生アンケートから紹介しています。私の成長にともない、母はミシンを使わなくなりました。ミシンを使用して作るものがなくなったのが一番の理由でした。
ジャノメミシンの思い出

達成感を感じさせてくれる:ジャノメ電子ミシン S6030

このページでは「達成感を感じさせてくれる」と題した、ジャノメ社の「電子ミシン S6030」の思い出を学生アンケートから紹介しています。挑戦したいという気持ちや思い通りに作れた時の達成感を感じさせてくれるのはミシンがあるからだと話していました。
ブラザーミシンの思い出

押入れのミシン:ブラザー社 コンパル・エース ZZ3-B765

このページでは「押入れのミシン」と題した、ブラザー社の「コンパル・エース ZZ3-B765」の思い出を学生アンケートから紹介しています。
2019.11.04
ジャノメミシンの思い出

子供への愛をミシンに込めて:ジャノメ社「751型3555」

このページでは「子供への愛をミシンに込めて」と題した、ジャノメ社の「751型3555」の思い出を学生アンケートから紹介しています。この題名はダブルネーミングにしています(後述)。
2019.11.04
その他のミシンの思い出

子供の成長とともに思い出すミシン:TAVARO S.A. ELNA TYPE57

スイス・ジュネーヴのタファロ社(TAVARO S.A.)の「ELNA TYPE57」の思い出を学生アンケートから紹介しています。今の母にとってのミシンの思い出となると、昔の自分のために買い、使ったというより子供である私の成長とともにあった気がする。
2019.11.04
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました