子供にミシンが必要な理由

関連情報

ミシンに直接言及しているわけではない記事をこちらにまとめています。

関連情報

シンガー社がディズニーのマレフィセント(悪の女王)と提携

週末に溜まったメールを何気なしにみていると、いかにも悪そうなキャラクターが目に飛び込んできました。シンガー・ミシンのニュースですがキャラクターとの関係が分からず、でも悪女好きの私には気になるキャラクター。Google翻訳も使って一気に訳してみます。
関連情報

ジャノメ・オーストラリア:11月ニュースレター

このページではジャノメ・オーストラリアから送られてきた「11月ニュースレター」をご紹介しています。オーバーロックミシン2台と刺繍ミシン1台が紹介されています。
関連情報

ベルベット・パンプキンズ:シンガー社ニュースレター

シンガー社ニュースレターより「ベルベット・パンプキンズ」のお知らせをいただいたのでご紹介します。カボチャの写真を見ているとほのぼのします。装飾的な置物だけでなく小さいクッションにも使えそうです。
関連情報

婦人服・子供服原型と標準寸法:ドレメ式・文化式・田中式

このページで紹介する記事は、婦人服・子供服の原型と標準寸法について、ドレメ式・文化式・田中式の3種を同一紙面で比較したものとして珍しいものです。これら3式は戦後日本の洋裁業界で大きな影響を与えてきた洋裁方式です。
2019.10.23
関連情報

近代日本の衣服産業 姫路市藤本仕立店にみる展開

私の著書『近代日本の衣服産業』を紹介しています。対象とする時期は19世紀末の創業から終戦後の廃業までの約半世紀です。兵庫県姫路市の藤本家文書を手がかりに、近代日本経済史の発展段階で特異な位置を占めた衣服産業の動向を詳しくまとめました。
2019.11.06
関連情報

洋裁学校:1970年代まで流行した裁縫教育組織

洋裁学校とは1970年代まで流行した裁縫教育の組織や機関。厳密には洋裁・ファッション系科目で学校法人認可を経た組織をいい、町中の教室などは学校とは言えませんが、1970年代まではとても流行っていたので習慣的に洋裁学校と言っていました。
2019.09.20
関連情報

ミシン針高熱問題と縫糸溶解問題:20世紀をふり返る

ミシン針は運動を続けると縫糸や生地との摩擦によって熱をもちはじめます。その結果、ミシン針が高熱になると縫糸や生地にダメージが生じることが分かりました。このような問題がいつ頃出てきて、どのような対策が考えられたかをまとめています。
2019.09.17
関連情報

デニム・バイブル:カウボーイからキャットウォークまで

#デニムパンツ の歴史を色とりどりにたどった本。ディテールに注目した記事から掘り起こし現代まで展開。肉体労働者向け製品から始まったデニムの歴史が熱く語られます。#デニムの歴史 #エロッサーハイネマン #キャントバステム #CANTBUSTEM
2019.09.17
関連情報

レイレイおすすめレースブランド

妻に大好きなレースブランドを聞きました。私はよく旗袍(チャイナドレス)の縁取りに使っています。お値段はけっこう高いですが、クオリティ、アンティークレースに似た質感や色展開など、一度使えばMOKUBAの虜になってしまうくらいに魅力があります。
2019.09.17
関連情報

青田充弘『501XXは誰が作ったのか?』の感想

この本はリーバイスの歴史を述べた本です。著者の言葉ではインダストリアル・ヒストリー。本書は、リーバイ社の個人史と会社史を中心に、背景となるアメリカ史はもちろん、ミシンやボタンなどの関連メーカーにも言及し、広く深いでき栄えになっています。
2019.09.17
関連情報

中世の東アジアと西ヨーロッパを綿花調達の方法から比較する

綿花調達 : 中世における東アジアと欧州のにみられた方法の違いを述べています。
2019.10.21
関連情報

繊維製品の原産国表示:衣料品関連の法的規制

衣料品などの裏にラベルが付けられている理由は、繊維製品が「家庭用品品質表示法」でいう品質表示の義務を背負っているからです。この法の説く品質表示の方法を具体案が「繊維製品品質表示規程」です。しかし、これらの規定では、 原産国表示 は義務付けられていません。
関連情報

繊維の品質表示:衣料品関連の法的規制

私たちの衣料品には必ず裏に品質表示ラベルが貼り付けられています。日本の消費者庁は「繊維製品品質表示規程」第6条(指定用語)が「繊維の名称を示す用語」を別表第5に指定しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました