ミシンの謎に迫る

ミシンの歴史や広がりを紹介しています。
グローバルな旅を一緒に楽しみましょう。

内容の多くは自分の著書にもとづいています。
出版社のページにも、ぜひお立ち寄りください。

出版社のページへ

メロー社のミシン

メロー社のミシン メロー社のミシン

このカテゴリーでは私の持っているミシンのカタログからメロー社のミシンを紹介しています。かなり特殊なミシンが多く、新しい発見があるかもしれません。このカテゴリーに収めた各記事も意外にワンダーランドかも…。

この記事が属するカテゴリーは次の書籍に依拠しています。著者も出版社も不詳の状態のいま、かなり貴重なカタログです。

蓮田重義『工業用ミシン総合カタログ』工業ミシン新報社、1958年

このカタログの解題は「蓮田重義『工業用ミシン総合カタログ』の解題」をご覧ください。

このカテゴリーのアイキャッチ画像は次のサイトから借用しています。「Merrow M-4D-45 Narrow Edge Patch Emblem Industrial Overlock | Etsy」。ありがとうございました。

メロー社のミシン

Merrow 60ud : 最新式高速度オーバーロック・ミシン

Merrow 60ud : 最新式高速度オーバーロック・ミシン。このミシンは安全自動給油装置をもち、ミシンの速力に応じて自動的に調節して油を各部分に浸透させます。オイル・メーターによって油の量が明示されています。押上装置は足で行ないます。
メロー社のミシン

Merrow 60abb : 織布突き合わせ縫ミシン(継ぎ縫)

Merrow 60abb : 織布突き合わせ縫ミシン(継ぎ縫)。このミシンは織物を隣同士にして継ぐミシンです。2枚の生地の端が突き合わせに継ぎ縫われるので、継ぎ目は平坦になります。平織綿布、人絹、ナイロン、毛織物、ベルベット、防水布などに適します。
メロー社のミシン

Merrow 60ad : 一本針縁縢縫ミシン

Merrow 60ad : 一本針縁縢縫ミシン。2本糸ナイフ付き。セーターなどの生地の厚いものに、縁縢(ふちかがり)と同時に・以前に不要な粗い縁をナイフで切ります。ギャザー付け送りで3本糸ミシンもあります。速力2000~2500。
メロー社のミシン

Merrow 60q : 貝形飾縫ミシン

Merrow 60q : 貝形飾縫ミシン。1本針3本糸小型貝形飾縫ミシン。35Fより小さく貝形飾をするため、俗にシジミ・ミシンと呼ばれました。毛織物その他、子供用メリヤス下着、湯上りタオルなど、あまり伸縮を必要としない布地に使います。
メロー社のミシン

Merrow 60s : 二本糸縁縢縫ミシン

Merrow 60s : 二本糸縁縢縫ミシン。特殊用途のミシンで、ストッキングの口許を盲縫でかがります。針板の辺りから下部で端を刈り込み、縢縫(絓縫)をします。押さえ金の辺りから口許に同様に縢縫をすることもできます。できるだけ端の方で縫えます。