子供にミシンが必要な理由

メロー社

ミシンのカタログからメロー社のミシンを紹介しています。かなり特殊なミシンが多く、新しい発見があるかもしれません。このカテゴリーに収めた各記事も意外にワンダーランドかも…。

メロー社

メロー Aシリーズ:オーバーロックミシンほか

綿や毛織のブランケットの縁縢用ミシンです。本機には振動式縁取り定規をつけて、カッターによる布の成型をほどよく計ることができます。3本糸調節送り付き、オーバーシームおよび縁縢用ミシンです。
メロー社

メロー 60:オーバーロックミシン

メロー社の60型ミシンは、次の各種に大別されます。・2本糸ナイフ付き・2本糸ナイフなし・3本糸ナイフ付き・3本糸ナイフなし・3本糸ギャザー付き次のイラストはメリヤス用下着の裾引縫、1本針2本糸縁縢用のミシンです。ナイフ付き、縫幅は約1/8インチです。
2019.10.09
メロー社

メロー 35:2本糸貝型飾縫ミシン

メロー 35Eは、22F型に同じ。ただし、二重糸、貝型飾縫用、幅は約1/4インチです。速力は1200~2000です。メロー 35ETは35Eに同じ。ただし、テープやプレードを仕掛けられるものです。
メロー社

メロー 15F & 18A & 22F

本機は15A型の新式です。送りはインチにつき4~6縫、1/4”ほどの幅でかけます。縁は柔らかくも硬くも自由に調節できます。2本の糸を濃淡異色にして材料を変えることで、とても異なった効果を出せます。補助糸を使わず1本糸の縁縢(ふちかがり)もできます。
2019.10.09
メロー社

メロー 60-D 3B and 60-D 3B 1:継ぎ縫ミシン

これは、メロー社の継ぎ縫ミシン、「突き合わせ織布用(継ぎ縫)」ミシンです。型番は「60-D 3B」および「60-D 3B 1」。本機は「60-ABB」や「60-ABB 1」に比べ、縫巾が深く、縫い見本のように継ぎ縫をするミシンです。
2019.09.19
メロー社

メロー M:最新式高速度オーバーロックミシン

メロー社の最新式高速度オーバーロックミシン。このミシンは安全自動給油装置をもち、ミシンの速力に応じて自動的に調節して油を各部分に浸透させます。オイル・メーターによって油の量が明示されています。押上装置は足で行ないます。
2019.09.19
メロー社

メロー 60abb:織布突き合わせ縫ミシン(継ぎ縫)

メロー社の織布突き合わせ縫ミシン(継ぎ縫)。このミシンは織物を隣同士にして継ぐミシンです。2枚の生地の端が突き合わせに継ぎ縫われるので、継ぎ目は平坦になります。平織綿布、人絹、ナイロン、毛織物、ベルベット、防水布などに適します。
2019.09.19
メロー社

メロー 60ad:1本針縁縢縫ミシン

メロー社の1本針縁縢縫ミシン。2本糸ナイフ付き。セーターなどの生地の厚いものに、縁縢(ふちかがり)と同時に・以前に不要な粗い縁をナイフで切ります。ギャザー付け送りで3本糸ミシンもあります。速力2000~2500。
2019.09.19
メロー社

メロー 60q:貝形飾縫ミシン

メロー社の貝形飾縫ミシン。1本針3本糸小型貝形飾縫ミシン。35Fより小さく貝形飾をするため、俗にシジミ・ミシンと呼ばれました。毛織物その他、子供用メリヤス下着、湯上りタオルなど、あまり伸縮を必要としない布地に使います。
2019.09.19
メロー社

メロー 60s:2本糸縁縢縫ミシン

メロー社の2本糸縁縢縫ミシン。特殊用途のミシンで、ストッキングの口許を盲縫でかがります。針板の辺りから下部で端を刈り込み、縢縫(絓縫)をします。押さえ金の辺りから口許に同様に縢縫をすることもできます。できるだけ端の方で縫えます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました