服ができるまで:繊維調達からミシン縫製までの道のり
小規模仕立業者の経営から読み解くファッションの社会経済史

出版社ページの「著者メッセージ」にて自著『近代日本の衣服産業-姫路市藤本仕立店にみる展開-』の面白みを紹介しています。

みてみる
メロー社

メロー 60s:2本糸縁縢縫ミシン

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

メロー 60s:2本糸縁縢縫ミシン

これは、メロー社の2本糸縁縢縫ミシンです。型番は「60s」。
特殊用途のミシンで、ストッキングの口許を盲縫でかがります。
針板の辺りから下部で端を刈り込み、縢縫(絓縫)をします。
押さえ金の辺りから口許に同様に縢縫をすることもできます。できるだけ端の方で縫えます。

Merrow 60s : 二本糸縁縢縫ミシン

Merrow 60s : 二本糸縁縢縫ミシン

類似機種の説明と縫目

  • Merrow 60HD…1本糸2本針、ギャザー送り付き。シャツ裾、その他の縁縢用。
  • Merrow 60RD…1本針3本糸ミシン、速力2800~3000。
  • Merrow 60W…毛織物に固い縫い付けが必要な場合に使います。婦人用モスリン、胸当てなどに適します。

Merrow 60s : 二本糸縁縢縫ミシン

Merrow 60s : 二本糸縁縢縫ミシン


出典 蓮田重義編『工業用ミシン綜合カタログ』工業ミシン新報社、1958年

コメント 感想や質問をお寄せください♪

タイトルとURLをコピーしました