子供にミシンが必要な理由

シャツ

シャツはヨーロッパで中世に現われた下着・肌着(接膚衣)や中衣のことです。現在では(1)接膚衣として着る下着・肌着(2)肌着の上に着る中衣(3)それらを上着として着る外衣の3種に大別できます。

ジャノメミシンの思い出

ミシンと母:ジャノメ ダイヤルスーパー70(680型)

このミシンのメーカーはジャノメで、機種は「ダイヤルスーパー70」です。モデル番号は680型です。カムを交換するだけで、直線縫いをはじめ、絵模様縫い、2本針縫い、アルファベット・ステッチ縫いができます。ポータブルタイプなので、どこにでも持ち運べます。
型番別ミシンカタログ

アメリカン・ブラインド・ステッチ 9SS-1

このミシンは、アメリカン・ブラインド・ステッチ社の一般掬い縫いミシンです(掬縫ミシン)。擦れやすいズボン(パンツ)の裾の折返し、ズボン・衣服・外套(コート)の裾部分、衣服の袖、シャツ・敷布の折返し、襞取り、衣服・掛布の縁部分などに使います。
ミシンで作る民族衣装・チャイナ服

ボタン:中国や欧州が開港期日本に衝撃を与えた附属品

ボタンとは衣服などの開きを留めるか装飾する目的でつけられた小片です。衣服に縫われた穴(Button Hole)やループ(Loop)を通して留めます。英語表記で「button」、仏語で「bouton」。日本語のボタンはポルトガル語のbotaoからで、漢字の釦は当て字です。
スポンサーリンク
メロー社

メロー 60:オーバーロックミシン

メロー社の60型ミシンは、次の各種に大別されます。・2本糸ナイフ付き・2本糸ナイフなし・3本糸ナイフ付き・3本糸ナイフなし・3本糸ギャザー付き次のイラストはメリヤス用下着の裾引縫、1本針2本糸縁縢用のミシンです。ナイフ付き、縫幅は約1/8インチです。
2019.10.09
ユニオン・スペシャル社

ユニオン・スペシャル 51900 シリーズ

このページでは、ユニオン・スペシャル社の51900シリーズを網羅的にまとめています。本シリーズは3本針二重環縫ミシンです。
ユニオン・スペシャル社

ユニオン・スペシャル 51700 シリーズ

このページでは、ユニオン・スペシャル社の51700シリーズを網羅的にまとめています。本シリーズは2本針ミシンが多く、主に前立用に使われます。
関連情報

近代日本の衣服産業 姫路市藤本仕立店にみる展開

私の著書『近代日本の衣服産業』を紹介しています。対象とする時期は19世紀末の創業から終戦後の廃業までの約半世紀です。兵庫県姫路市の藤本家文書を手がかりに、近代日本経済史の発展段階で特異な位置を占めた衣服産業の動向を詳しくまとめました。
2019.11.22
ミシンの広告

腕つきミシン「フリーアームリッカー」リッカーミシン

リッカーミシンが「ドレスメーキング」1974年8月号に出した広告です。本機はシャツ袖を縫うのに適した筒型ミシンです。型番は「RZ-2500」。シンガー社やユニオン・スペシャル社が戦前から取りあつかっていたミシンです。
2019.09.17
ユニオン・スペシャル社

ユニオン・スペシャル 51400:2本針二重環縫ミシン

ユニオン・スペシャル社の平型2本針2本ルーパー二重環縫ミシン。型番は「51400」。自動給油装置つき。7400型の新式。本機はシリーズとして多数のサブクラス機種を抱えています。ここでまとめて紹介します。
2019.09.19
ユニオン・スペシャル社

ユニオン・スペシャル 51200:1本針二重環縫ミシン

ユニオン・スペシャル社の1本針二重環縫ミシンのシリーズです。型番は「51200」。主な機種を取りあげて説明しています。
2019.09.19
ユニオン・スペシャル社

ユニオン・スペシャル 12000:2本針二重環縫ミシン

ユニオン・スペシャル社の2本針二重環縫ミシンです。型番は「12000」。4本糸筒形ミシンです。シャツ、パジャマ、ブラウスなどの脇や袖口の縫合に使います。
2019.09.19
ユニオン・スペシャル社

ユニオン・スペシャル 43200シリーズ:二重環縫ミシン

ユニオン・スペシャル社の二重環縫ミシンです。43200シリーズは、高速度地縫用1本針二重環縫ミシンです。2本糸。1本ルーパー。各機種とも速力は4500です。本シリーズをまとめて紹介します。
2019.09.19
ユニオン・スペシャル社

ユニオン・スペシャル 39200 AT:高速オーバーロックミシン

ユニオン・スペシャル社の高速オーバーロックミシンです。型番は「39200 AT」。回転数(速力)は4700です。2枚送り、縫目型は503と504の2種があります。能率は、シャツ裾引88ダースで8時間。縫目数はインチあたり7~19針。
2019.09.19
ミシンで作る民族衣装・チャイナ服

ギャザー:昔から愛用されてきた裁縫の基本技術

ギャザー(gather)とは、平面の布を縫い縮めて立体化させる作業(洋裁技法)それによって作られた皺や襞のことです。昔から現在まで愛用されてきた裁縫の基本技術です。ギャザーは一つに集める意味です。作業を指す場合はギャザリングとも。
2019.09.19
デュルコップ社

デュルコップ 249:2本針本縫ミシン 針送り下送り

デュルコップ社の2本針本縫ミシンです。型番は「249」。針送り、下送り。シャツ、下着、仕事着、一般被服、コルセットなどの縫製に適しています。インチあたり縫目数は最大で3/16”。2本針並列縫。針巾は1/32”から5/16”までの各寸法があります。
2019.09.19
デュルコップ社

デュルコップ 211:高速度1本針本縫ミシン

デュルコップ社の1本針本縫ミシンです。型番は「211」。一般被服、シャツ、布帛などの地縫用に使います。半自動給油装置をもち、フック回転部分には完全かつ必要な給油を自動で行ないます。膝押え上げ式、ベルト式、速力は4000。
2019.09.19
ルイス社

ルイス 17-10:1本針2本糸伏縫ミシン

ルイス社の1本針2本糸伏縫ミシン。型番は「17-10」。男物や女物の衣服のいろんな縫合作業をします。ウーステッドやモヘア(アンゴラヤギの毛)などの薄い生地の洋服を作るのに最適。ジョージゼットやクレープの衣服などの折返し縫い付けにも使えます。
2019.09.19
シンガーミシンの思い出

シンガー SN777DX:MFさんのアンケート

このミシンは、シンガー社のコンピュータミシンです。型番は「SN777DX」。アンケートを下さった方はお母さまから、このミシンや昔のミシンの思い出を語って頂きました。 singer SN777DX:家庭用コンピュータミシン。ミシンの購入年:2014年3月
2019.10.15
シンガー社

シンガー 26W107:ラベル縫付用ミシン

シンガー社のラベル縫付用ミシン。型番は「26W107」。ラベル(ネーム入りマーク)縫付ミシン。シャツ、下着、敷物、毛布などにマークを縫いつけます。2本針、本縫、下送り。縫目読みストップモーション装置は20から60まで読み、自在に加減できます。
2019.09.19
シンガー社

シンガー 32-57:飾縫ミシン(飾りミシン)

これは、シンガー社の飾縫ミシンです。型番は「32-57」。婦人上シャツ、衿、赤ちゃんの帽子などに飾り縫いをします。直線か曲線の縁を縫合し、その間に飾り縫いをします。定規と表面飾縫に対し、ふつう喉板をつけます。接合用ジグザグ縫いに用います。
2019.09.19
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました