服ができるまで:繊維調達からミシン縫製までの道のり
小規模仕立業者の経営から読み解くファッションの社会経済史

出版社ページの「著者メッセージ」にて自著『近代日本の衣服産業-姫路市藤本仕立店にみる展開-』の面白みを紹介しています。

みてみる

プレール

ジャノメミシンの思い出

ミシンと母の思い出:ジャノメ プレール18 643型

このページでは「ミシンと母の思い出」と題した、ジャノメ社の「プレール18 643型」の思い出を学生アンケートから紹介しています。27年間も壊れずに動いてくれるこのミシンは家族の成長や思い出がたくさん詰まっている一台だそうです。
2020.12.13
ジャノメミシンの思い出

必要なら今後もミシンを使いたい:ジャノメ プレール900

このページでは「必要なら今後もミシンを使いたい」と題した、ジャノメ社の「プレール900」の思い出を学生アンケートから紹介しています。懐かしい気持ちとともに過去を思い出すいい機会になりました。
2020.12.13
ジャノメミシンの思い出

ミシンで子供に作った保育園用バッグ・スモック・弁当袋

中学校でミシンを習った時より自分で買った時の方がミシンがかなり進化していて驚いた。キャラ物を自動で縫う機能や他の手動だった部分が機械化されて時代の移り変わりを感じた。子供用の服などを作ってからは自分で手直しすることで子供の成長を感じた。
2020.12.13
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました