時代が変わればシュールも変わる

ミシンの世紀へようこそ

カフェで見つけたシンガー・ミシン。台北市九份にて2011年10月29日撮影。 Singer Sewing Machine in Taipei Jiufen at 2011.10.29
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ミシンの世紀は、ミシンを使ったことのない人間がミシンのグローバルな広がりに魅了され、これまで調べたことを色々まとめたサイトです。

昔のミシンあれこれ、ミシンを使った思い出など書いています。

ふだん私自身はミシンを使ったことがありません。1980年頃、小学生の時に家庭科の授業で、たまに使っただけです。

あの頃は、服づくり(縫いもの)は女性の仕事という風潮が消えはじめ、男女問わず服は買うものとなりはじめた頃です。それでも風潮の少しは残っていたので「女性ってこんな怖い機械を使うのか」とビビっていました。

今でも妻がミシンを使うたびに、なぜか恐縮するというか、萎縮するというか、不思議な気分になります。

そんな運営者ですが、ミシンをつうじて皆さんと一緒に時間と空間を旅したいと思います。

主な内容(カテゴリー)

ミシンの世紀は次の内容をもっています。

  1. ミシンの特徴やメーカーの歴史…ミシンの特徴や性格、ミシンの不思議や謎、ミシン会社の確執など、ミシンの昔をいろいろ探っています。私の著書『ミシンと衣服の経済史』に寄せられた質疑応答もまとめています。
  2. ミシンの広告…本や雑誌などに載っているミシンの広告を紹介しています。
  3. ミシンのアンケート…学生たちに回答して頂いたアンケートの結果や文章をまとめています。昔のミシンを想像したり、そこからにじみ出てくる人生史を重ねたり、じっくり味わって頂ければ幸いです。
  4. ミシンのカタログ…私の持っているミシンのカタログから色んなミシンを型番別に紹介しています。かなり特殊なミシンが多く、新しい発見があるかもしれません。
台湾台北市九份のカフェで見つけたシンガー社の手廻式ミシン。黒色の鉄の塊が鈍く光っています。

カフェで見つけたシンガー・ミシン。台北市九份にて2011年10月29日に著者撮影。©sewingmachine.mobi

ミシンって?

ミシンはアパレル生産やファッション文化に強烈な影響を与えた縫製用の機械です。

ミシンは数十年前の日本では多くの家や工場にありました。

ミシンは服を縫うだけではありません。

本を縫い、穀物などの入った袋口を縫い、今では内臓の手術に使われホルモンの傷まで縫います。このサイトではミシンの色んな姿を伝え、ミシンに労わってもらった分、ミシンを労わりたいと思います。

縫合器の一種。エンドGIA™ トライステープル™ エンドGIA™ ウルトラ ユニバーサルステープラー

縫合器の一種。エンドGIA™ トライステープル™ エンドGIA™ ウルトラ ユニバーサルステープラー via 縫合器関連 | 製品カテゴリ | ステープラー関連 | 外科系手術関連 | 製品情報(製品カテゴリ) | 医療関係者の皆様へ | コヴィディエン

ミシンをネタに授業

このサイトはミシンをネタにした大学の授業を反映させています。

講義やゼミではミシンの被った次のような誤解を解いています。

  • 誤解:ミシンはイギリス産業革命に登場せずアメリカが作った玩具だ!
  • 誤解:有名ブランドの服はミシンを使わず手で縫っている!
  • 誤解:シンガー社は一貫生産したけど日本のミシンメーカーは部品企業の社会的分業基盤に強みをもった!

とかくミシンは誤解を受けやすい可哀そうなヤツです。

世界経済史の授業ではイギリス産業革命とアメリカ合衆国への影響を取りあげ、ミシンの開発や企業体の展開が世界のアパレル産業やファッション文化に与えた影響を述べています。

シンガーミシン製造工場、ニューヨーク市中央通り、1853年8月。

シンガーミシン製造工場、ニューヨーク市中央通り、1853年8月。 via The First Singer Sewing Machine Factory

日本経済史の授業では外国製ミシンの日本への影響を述べています。

授業の概要は姉妹サイトの「モードの世紀」に述べています。次のカードからご参照ください。

参考 授業紹介:履修のメリット・感想・推薦図書・担当者情報

この記事の著者
岩本 真一

ミシンの進化やミシン会社の動向を調べています。家庭科の授業以外にミシンを使ったことがありません。それでもミシンに魅了されています。姉妹サイトに「モードの世紀、著書に「ミシンと衣服の経済史」。

このサイトをフォローする
この記事をシェアする
このサイトをフォローする
スポンサーリンク
フェリシモ「コレクション」
ミシンの世紀