幼児教育から生涯学習まで【経済史ドットコム】

いろんなミシンの思い出とエピソード

スポンサーリンク
いろんなミシン

ミシンが家に来てから親子でよく喋るようになった

ミシンのエピソード「子供の成長とともに思い出すミシン」をご紹介しています。メーカーと機種はイオングループの手芸専門店パンドラハウスの専用機種です。ミシンの所有者は母です。ミシンが家に来たことをきっかけに家族はよく喋るようになったらしい。
2021.11.15
いろんなミシン

ミシンの音はリズミカルで人に落ち着かせる力がある

「ミシンの音はリズミカルで人に落ち着かせる力がある」と題した、Likan sewing machine(利康牌缝纫机)の思い出をご紹介。わたしは中学の頃、結構ミシンの音が好きでした。ミシンの音はリズミカルで人に落ち着かせる力があります。
2021.11.08
いろんなミシン

母親は叔母さん宅で蜜蜂牌(ミツバチミシン)の使い方を勉強

母親は叔母さんの家に住んでいたり、ミシンの使い方を勉強したり、叔母さんの子供を世話したりしました。一年ごろにミシンの使い方の学業をおさめました。そして23歳の時に新しいミシンを買いました。母親は結婚した後にもずっとミシンを使っていました。
2021.11.15
いろんなミシン

中学卒業後に裁縫店を開業:蜜蜂牌缝纫机(ミツバチ・ミシン)

蜜蜂牌缝纫机(ミツバチミシン)。おばさんにミシンを学んだ理由を聞いた。最初にはお店を作る動機がなかった。ただの将来に一つの技術を身につけるだけだった。そのときには、そんなに裕福の家庭ではなかったので、最後には店を作って、お金を手に入れたのだ。
2021.11.15
いろんなミシン

ドレスメーカー女学院を出て洋装店で3年間ほど就職

ドレスメーカー女学院に行った後に洋装店で3年間ほど働きました。結婚して自分で洋装教室を開いてプラスアルファの技術を本などを読んだり、お友達のミシンが得意な人たちと一緒に協力したりしながら技術を向上させました。リッカー「TA-1」は嫁入り道具です。
2021.11.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました