ミシンの謎に迫る

ミシンの歴史や広がりを紹介しています。
グローバルな旅を一緒に楽しみましょう。

内容の多くは自分の著書にもとづいています。
出版社のページにも、ぜひお立ち寄りください。

出版社のページへ

母親は叔母さんの家に住んでいたり、ミシンの使い方を勉強したり

蜜蜂牌缝纫机 ミツバチミシン ミシンのアンケート
蜜蜂牌缝纫机 ミツバチミシン
スポンサーリンク

ミシン・アンケート : MBさんの回答

蜜蜂牌缝纫机 ミツバチミシン

蜜蜂牌缝纫机 ミツバチミシン

対象となるミシンのメーカー

蜜蜂牌缝纫机 ミツバチミシン

ミシンの所有者とあなたとの関係

ミシンの用途

そのミシンは私が赤ちゃんの時のおむつを縫いてくれました。そして、小学校から今までの靴の中敷きのようなことに使いました。

高校時代にふとりましたが、ダイエットしたので、以前に買ったズボンやワイシャツが大きくなってしまい、母親がこのミシンで体に合わない服を裁断しました。ちょっといい感じになりました。それに、破れた靴下や学校制服にも、ミシンでやり直しくれました。

ほどんとは無償労働で家族のために、ミシンを使いました。

ミシンを買った時期

1989年頃

ミシンを習った場所

うちの母親は財経専門学校を卒業した後で、母親の姉からミシンを勉強しました。あの時には、叔母さんが結婚して、赤ちゃんも生まれました。

母親は叔母さんの家に住んでいたり、ミシンの使い方を勉強したり、叔母さんの子供を世話したりしました。ミシンの学費が要らないけど、無償な雇人のような人になりました。一年ごろにミシンの使い方の学業をおさめました。

そして、23歳の時に、新しいミシンを買いました。母親は結婚した後にも、ずっとミシンを使っていました。

ミシンに対する思い入れ

中国の前世紀90年代には、ミシンは嫁入り道具に必要なものでありました。そして、あの時の中国の女性に対して、ミシンの使い方は必要なスキルを持っているべきだと思われていました。

とくに、農村の農民に対して、新しい服を買う機会が少ない、ほとんど新年迎える時、きれいな服を買うことでした。普段時に、破れる服は自分でやり直しなければなりません、お金持ちではないですから。家計の支出は節約しないと、基本的な生活保障ができなくなります。

ミシンを使わなくなった経緯や今の使い道

母親が今でもミシンを使われています。時間に余裕を持っているなら、時として、ミシンを使っています。

今の使い方は、靴の中敷きも作ってくれました。毎回帰国する時に、母親から新しい中敷きをもらいました。すごく感動しました。そして、破れる服は、母親に穴があるの場所に、可愛い補修してくれました。赤い布をを利用して、赤いハートを縫いてくれました。元より可愛くなりました。とても嬉しいです。

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました