服ができるまで:繊維調達からミシン縫製までの道のり
小規模仕立業者の経営から読み解くファッションの社会経済史

出版社ページの「著者メッセージ」にて自著『近代日本の衣服産業-姫路市藤本仕立店にみる展開-』の面白みを紹介しています。

みてみる
レトロな広告

東レテトロンのプリーツスカート

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
東レテトロン、プリーツスカート。「私のきもの」第55輯、私のきもの社、1959年9月25日、21ページ。
上の画像を彩度300にカラーライズ。

ひと頃はブームを呼んだプリーツスカートがたしかに一時は人気の流れから外れたようてした。ところが「東レ・テトロン」が誕生して以来、またまた人気者のスターダムに上ってきました。そしていまではデバートなどでも衣料のトップを切っています。

雨にねれても洗ってもプリーツが消えずアイロンなしていつもォシャレが楽しめます。

秋風にスソをなびかせて枠なスタィルをエンジョイィしてください。

「私のきもの」第55輯、私のきもの社、1959年9月25日、21ページ。

左から二人目の女性は足を外側に開き、エーライン状態で立っています。この姿勢は当時の典型的なポーズです。頭を頂点に足を底辺に、このようなエーライン(A-line)になっているのは当時のファッションの都がパリだったことが背景にあります。パリのエッフェル塔(アイフェルタワー)をモチーフにしたものです。プリーツスカートの皺がエーラインを強調しています。

なお、この広告ではテトロン製品の洗濯には効果的でお得な合成洗剤グランまたはロンを使うよう推奨しています。

コメント 感想や質問をお寄せください♪

タイトルとURLをコピーしました