服ができるまで:繊維調達からミシン縫製までの道のり
デュルコップ社

デュルコップ 240:縫製とプレスの結合された特殊ミシン

durkopp 240:縫製とプレスの結合された特殊ミシン機械デュルコップ社
この記事は約2分で読めます。

デュルコップ 240:縫製とプレスの結合された特殊ミシン

これは、デュルコップ社の「縫製とプレスの結合された特殊ミシン」です。型番は「240」。
ベルト回転式、水平釜、総合送り、半自動袷油式、縫目数(インチにつき)1/8″、速力……3000。
パンツ(ズボン)、上衣、オーバー等の縫製と縫目のプレスが同時にできるミシン。
現在まで衣類の縫目の突出している縫い目は、手動アイロンか特別のプレスマシンによって平らにされていました。

durkopp 240:縫製とプレスの結合された特殊ミシン機械

durkopp 240:縫製とプレスの結合された特殊ミシン機械

  • 左図:縫製とプレスの完了した縫目を後から見た図
  • 右図:ミシンと開いている機械の仕組図
durkopp 240:縫製とプレスの結合された特殊ミシン機械

durkopp 240:縫製とプレスの結合された特殊ミシン機械

これら2つの異った作業を本機は1つのものに総合完成したものです。(下の左図参照)
下の右図はその根本的縫製機械の仕組を示し、更に開いているブレス装置を附属されたものなり、プレスされる縫目は蒸気の調節可能噴出口により濡され、熱蒸気のプレス装置により完全に乾きプレスされます。
蒸気発生と完全にプレスする装置が附属され、短時間に能率的に独立した2つの仕事が一度にできます。

出典 蓮田重義編『工業用ミシン綜合カタログ』工業ミシン新報社、1958年

コメント 質問や感想をお寄せください♪

タイトルとURLをコピーしました