ミシンの謎に迫る

ミシンの歴史や広がりを紹介しています。
グローバルな旅を一緒に楽しみましょう。

内容の多くは自分の著書にもとづいています。
出版社のページにも、ぜひお立ち寄りください。

出版社のページへ

ユニオン・スペシャル U.S.Class 14500 : 製粉用袋口縫ミシン

ユニオン・スペシャル社 ユニオン・スペシャル社のミシン
Union Special since 1881 via DC4 Japanese Denim Store – Berlin | be-cause – style, travel, collecting and food blog
スポンサーリンク

ユニオン・スペシャル U.S.Class 14500 : 製粉用袋口縫ミシン

U.S.Class 14500 : 製粉用袋口縫ミシン

U.S.Class 14500 : 製粉用袋口縫ミシン

14500Fはコンベアタイプ(自動送り装置)と併用し、袋の高さの大小によってミシンを適度に上下できる。

1本針、2本糸、二重環縫。

環縫に調整するにはルーパーの取替によって容易。から環を規則的かつ自動的に裁断するナイフ装置あり。

速力3200。

類似機種の説明

  • 14500D…製粉袋用、薄綿布地。1分間で10~15袋。糸数は縫針1本、ルーパー1本。縫目は401、二重環縫。縫目数は1インチにつき4針から8針まで。回転数(R.P.M.)は2000。
  • 14500F…製粉袋用、セメント袋用、中肉綿布地。Hの頭部を天井から懸垂式に架設したミシン。50ポンドから125ポンドまでの袋口縫に適します。1分間で8~12袋。糸数は針糸1本。縫目は401、二重環縫。縫目数は3針から8針まで。回転数(R.P.M.)は2000。
  • 14500N…セメント袋用、製糖袋用、麻袋生地。1分間で7~10袋。糸数は針糸1本。縫目は101、環縫。縫目数は3針から8針まで。回転数(R.P.M.)は2000。
  • 14500P…紙袋用。1分間で5~8袋。糸数は縫針1本、ルーパー1本。縫目は401、二重環縫。
  • 縫目数は3針から8針まで。回転数(R.P.M.)は2000。
  • 14500R…14500頭部付きの懸垂式袋口縫ミシン。

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました