時代が変わればシュールも変わる

ユニオン・スペシャル 14500:製粉用袋口縫ミシン

ユニオン・スペシャル 14500:製粉用袋口縫ミシンユニオン・スペシャル社
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ユニオン・スペシャル 14500:製粉用袋口縫ミシン

これは、ユニオン・スペシャル社の製粉用袋口縫ミシンです。型番は「7400」。

14500Fはコンベアタイプ(自動送り装置)と併用し、袋の高さの大小によってミシンを適度に上下できます。

1本針2本糸二重環縫ミシン

環縫に調整するにはルーパーの取替によって容易。

から環を規則的かつ自動的に裁断するナイフ装置がついています。

速力3200。

U.S.Class 14500 : 製粉用袋口縫ミシン

U.S.Class 14500 : 製粉用袋口縫ミシン

類似機種の説明

  • 14500D…製粉袋用、薄綿布地。1分間で10~15袋。糸数は縫針1本、ルーパー1本。縫目は401、二重環縫。縫目数は1インチにつき4針から8針まで。回転数(R.P.M.)は2000。
  • 14500F…製粉袋用、セメント袋用、中肉綿布地。Hの頭部を天井から懸垂式に架設したミシン。50ポンドから125ポンドまでの袋口縫に適します。1分間で8~12袋。糸数は針糸1本。縫目は401、二重環縫。縫目数は3針から8針まで。回転数(R.P.M.)は2000。
  • 14500N…セメント袋用、製糖袋用、麻袋生地。1分間で7~10袋。糸数は針糸1本。縫目は101、環縫。縫目数は3針から8針まで。回転数(R.P.M.)は2000。
  • 14500P…紙袋用。1分間で5~8袋。糸数は縫針1本、ルーパー1本。縫目は401、二重環縫。
  • 縫目数は3針から8針まで。回転数(R.P.M.)は2000。
  • 14500R…14500頭部付きの懸垂式袋口縫ミシン。

出典 蓮田重義編『工業用ミシン綜合カタログ』工業ミシン新報社、1958年(出典の詳細はこちら

ユニオン・スペシャル社の関連ページ

関連 ユニオン・スペシャル社の歴史:工業用ミシンメーカー:今でも続いている数少ない工業用ミシン専門メーカーの歴史。日本語で読める同社の歴史がないので、ここに要約・邦訳。

公式 Union Special - Sewing Equipment Manufacturer : Union Special:ユニオン・スペシャル社の公式サイト。工業用ミシン、袋口縫ミシン、バッグ用ミシン、産業装置などの製品情報、会社情報、採用情報、IR情報、ミシン裁縫照れ―人ぐなどを紹介。

コメント 質問や感想をお寄せください

おすすめ生地ストア

UNISON TEX(楽天ショップ)

本社は織物の産地浜松にあります。

生地の種類が豊富で、特に綿生地がおすすめです。

妻が何回もリピートしたお気に入りの生地は50ボイルワッシャーです。

薄手の綿生地で、ミシンで縫いやすく、ブラウスやスカートの裏地などにおすすめです。

マダムコットン(楽天ショップ)

ベビー用のオーガニックコットンが多いお店です。

妻はよくベビー用のダブルガーゼでブラウスを作ります。

とてもお肌に優しくて着心地が良いです。

特にオーガニックのダブルガーゼがおすすめです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました