幼児教育から生涯学習まで【経済史ドットコム】

ルイス 30-21:裏地の伏縫(本縫)ミシン

ルイス社
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

ルイス 30-21:裏地の伏縫(本縫)ミシン

これは、ルイス社の裏地の伏縫(本縫)ミシンです。型番は「30-21」。

各縫目は糸解けしないように締めつけられます。

1縫いごとに強度を増すので、最大限の深さで裏生地と表生地を縫います。各縫目の間隔は揃っていて、縫目の安定性を増やすにはインチあたりの縫い数を増やせばOKです。

記事の目方が変わったときには迅速に容易に調整できます。

縫目は小さくがっちりすることもできますし、長く緩くすることもできます。

lewis 30-21:裏地の伏縫(本縫)ミシン

lewis 30-21(裏地の伏縫(本縫)ミシン)の縫見本は下のとおりです。

lewis 30-21:裏地の伏縫(本縫)ミシンの縫見本

出典 蓮田重義編『工業用ミシン綜合カタログ』工業ミシン新報社、1958年

コメント 感想や質問をお寄せください♪

タイトルとURLをコピーしました