服ができるまで:繊維調達からミシン縫製までの道のり
小規模仕立業者の経営から読み解くファッションの社会経済史

出版社ページの「著者メッセージ」にて自著『近代日本の衣服産業-姫路市藤本仕立店にみる展開-』の面白みを紹介しています。

みてみる
昔の洋裁雑誌

私達のモードを作る:いつまでも新しいスーツ

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

このページでは伊東茂平「私のきもの」第55輯の「私達のモードを作る:いつまでも新しいスーツ」の特集にとりあげられた作品を紹介しています。紹介にあたり、各画像は1枚目に本誌掲載のままスキャンし(読み取り)、2枚目にアプリ「Colorize it」にてカラーライズしたものを掲載します。

アムンゼン地とキモノスリーブのワンピースとツーピース

伊東茂平「私のきもの」第55輯、私のきもの社、1959年9月25日、49ページ。

上の画像を「Colorize it」にてカラーライズ済み。

これは伊東茂平がデザインしたアムンゼン地とキモノスリーブのワンピースとツーピースです。生地提供は大日本紡績KK。

ツイード地のボックススーツ

ツイード地のボックススーツ。伊東茂平「私のきもの」第55輯、私のきもの社、1959年9月25日、50ページ。

上の画像を「Colorize it」にてカラーライズ済み。

これはグレーと白のツイードで作ったボックススーツです。デザインは藤本倭文子、生地提供は新潟フタバ洋装店、帽子は桑原きよ。

伊東茂平「私のきもの」第55輯、私のきもの社、1959年9月25日、54ページ。

上の画像を「Colorize it」にてカラーライズ済み。

左の作品は両前の打合せをデザインポイントにしたスーツで、デザインは富岡きみ。生地提供はワンダフルテックス、帽子は赤木始。右の作品は縦縞のジャージースーツ。デザインは丹羽節、生地提供は渡辺株式会社。

コメント 感想や質問をお寄せください♪

タイトルとURLをコピーしました