サーバー移転にともなう画像の一部非表示の件

洋裁学校

洋裁学校とは1970年代まで流行した裁縫教育の組織や機関のことです。厳密には洋裁・ファッション系科目で学校法人認可を経た組織をいい、町中の教室などは学校とは言えませんが、1970年代まではとても流行っていたので習慣的に洋裁学校と言っていました。

関連情報

洋裁学校:1970年代まで流行した裁縫教育組織

洋裁学校とは1970年代まで流行した裁縫教育の組織や機関。厳密には洋裁・ファッション系科目で学校法人認可を経た組織をいい、町中の教室などは学校とは言えませんが、1970年代まではとても流行っていたので習慣的に洋裁学校と言っていました。
2019.09.20
洋裁学校の広告

伊東衣服研究所の創立と現在:時期別の広告紹介つき

伊東衣服研究所は、伊東茂平が1946年に設立した洋裁学校です。このページでは、伊東衣服研究所の創立から現在までをまとめています。また、女性雑誌・ファッション雑誌などから時期別に同校の広告も紹介しています。
2019.09.20
洋裁学校の広告

カッティングプレタポルテ・洋裁プロ裁断師短期養成

これは、田部鏡子が1972年に出した広告です。学校名が判断できません。室長(校長)は田部鏡子で、経歴不詳。入会資格に洋裁学校の卒業者や有験者とありますから、カッティング(裁断)に特化したガチ集団だった気がしてきました。
2019.09.17
関連情報

ファッション・デザイナーの時期別リスト

このページでは、林邦雄の記した「ファッション・デザイナーの系譜と活動」をまとめています。期待は見事に裏切られました。「系譜」というから学歴と職歴でパターン化してくれていると思ったらただの固有名詞リスト。
2019.09.17
ジャガーミシン

大学時代に洋裁学校に通い裁縫やミシンを学んだ

大学生になったころ洋裁学校にも通い裁縫や裁断・ミシンの使い方などくわしく学んだ。洋裁学校に入った理由は自分でデザインがしたいし、自分自身に合う大きさの服はあまりなく尚且つ服は当時高価だったため自身で作ろうと考えたからだそうだ。
シンガーミシン

結婚後に裁縫の上達をめざし洋裁学校でミシンを学ぶ

結婚後、専業主婦で時間があったのと、後々子供にいろいろ作ってあげたいという思いから、手芸の上達のために洋裁学校(東京都洋裁学校、1993年-95年)に2年間通って洋服の作り方を学ぶ過程でミシンの使い方を学んだ。
2019.09.16
その他のミシン

ドレスメーカー女学院を出て洋装店で3年間ほど就職

ドレスメーカー女学院に行った後に洋装店で3年間ほど働きました:結婚して自分で洋装教室を開いて、プラスアルファの技術を本などを読んだり、お友達のミシンが得意な人たちと一緒に協力したりしながら技術を向上させました。嫁入り道具の思い入れがあります。
2019.09.16
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました