パフミシン142型(2本針本縫ミシン針送り平型)

パフ社
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

パフミシン142型(2本針本縫ミシン針送り平型)

パフミシン142型(2本針本縫ミシン針送り平型)です。

パフ針送り2本針シリーズでもっとも代表的な機種。

垂直回転フック、2枚の皮革の継ぎ合わせや重ね縫いをします。婦人靴や紳士靴の上部(踵の低い靴)縫い、ほかに後部縫い合わせのフェルトやスリッパなどにも使えます。

  • 返縫装置:レバー式
  • 給油方式:手差し給油
  • ベッド寸法(m/m):518×177
  • フトコロ寸法(m/m):285×115
  • 速力:3000

用途と目的によって多くのサブクラスがあります。

1枚目は蓮田カタログ、2枚目は松下カタログより。

パフミシン142:二本針針送り本縫ミシン

パフミシン142型(2本針本縫ミシン針送り平型)

パフミシン142型(2本針本縫ミシン針送り平型)の縫見本は次のとおりです。

パフミシン142型(2本針本縫ミシン針送り平型)

サブクラス

142-6(A)

靴工業用、2本針平型本縫ミシンミシン。垂直観点フック。ベベルギアによる送り装置つき。針送り。

2枚の皮革の継ぎ合わせや重ね縫いをします。婦人靴や紳士靴の上部(踵の低い靴)縫い、ほかに後部縫い合わせのフェルトやスリッパなどにも使えます。

針幅が多く、3/32″,7/64″,9/64″,11/64″,5/32″,3/16″。縫い合わせの厚さ3/32”、1/8”。速力3500。

142-57(58)

2本針平型本縫にて巻込縫のバイダー付、総合送り、2個の垂直回転フツク、前後送り、膝押え上げ具。

  • 57型:右巻バインダー付のもの。
  • 58型:左巻バインダー付のもの。

速力…3000。

143-63(A)

2本縫平型、回転フック、綜合送り、膝押え上げ具、テーブルに下テープ案内付、紳士靴などの踵の部分を継ぎ合せ(被せ縫)するため、下テープを入れるように設備されています。

針幅は7/64”、1/8”、3/16”、13/64”、5/16”、25/64”。

厚さ7/64”、1/8″。

スリッパなどにも使えます。速力は2800

142-64A

142-6Aに同じ。靴、ゲートルなどに使用されます。

テープ案内付、針ゲージ5/16”、縫目11/64”。

  • A型:薄物用、フエルト革用
  • B型:中厚物用、フェルト革用

速力:800。

142-98×180

2本針前立本縫ミシン。男子用シャツなどの前立縫にて、上下送り、自動的に前立終了時に電気装置によって停止。バインダーは左右のセツトを調節できるように設計されています。

142-6/01

標準型で、固定押え付き。縫い速度は分速3000針、使用針は「Sch134・134-35」。縫目長さ(m/m)は4.5。

142-113/01

作業服のポケット付け用。縫い速度は分速3000針、使用針は「Sch134・134-35」。縫目長さ(m/m)は4.5。

142-237/01

婦人服の裏生地ファスナー付け用。縫い速度は分速3000針、使用針は「Sch134・134-35」。縫目長さ(m/m)は4.5。

142-732/09―274/02

片玉縁縫用ミシン。縫い速度は分速2100針、使用針は「Sch134・134-35」。縫目長さ(m/m)は4.5。

142-732/09―293/02

雨蓋付け両玉縁縫用ミシン。縫い速度は分速2100針、使用針は「Sch134・134-35」。縫目長さ(m/m)は4.5。

142-720/01―6/01

片針止め標準型ミシン。縫い速度は分速1800針、使用針は「Sch134・134-35」。縫目長さ(m/m)は最大6.0。

142-720/01―113/01

片針止めポケット付け用ミシン。縫い速度は分速1800針、使用針は「Sch134・134-35」。縫目長さ(m/m)は4.5。

出典 蓮田重義編『工業用ミシン綜合カタログ』工業ミシン新報社、1958年

出典 松下良一編『'74縫製機器総合カタログ』松下工業、1974年

珍しく出典が重なりました。混ぜて説明を書きました。

この機種シリーズは長期間にわたり愛用されたようです。

コメント 感想や質問をお寄せください♪

タイトルとURLをコピーしました