時代が変わればシュールも変わる

ファスナー

ファスナー

ファスナー(fastener)とは、留め金具の上下移動によって衣服の開閉ができる留め具です。

チャックやジッパーともいいます。

ファスナーの種類には、金属ファスナーと樹脂ファスナーがあります。

  • 金属ファスナー…洋銀、丹銅、真鍮、アルミニウム(材質による区分)
  • 樹脂ファスナーテトロン、ナイロン、デルリン(形状による区分)
パーツや関連品の広告

世界のファスナー界をリードするY.K.K.

Y.K.K.ファスナーが1968年に題した広告です。1970年代にもファスナーというとY.K.K.でした。ですから「世界のファスナー界をリードするY.K.K.」は真に受けてしまいます。地球をファスナーで囲んでいる写真が面白いです。
シンガーミシン

シンガー SN777DX:MFさんのアンケート

このミシンは、シンガー社のコンピュータミシンです。型番は「SN777DX」。アンケートを下さった方はお母さまから、このミシンや昔のミシンの思い出を語って頂きました。 singer SN777DX:家庭用コンピュータミシン。ミシンの購入年:2014年3月
2019.07.31
縫い方に関する用語

ファスナー付:ふぁすなーつけ

ファスナー押えを用いて、フアスナーを縫い付けること。英語で「zipper insertion」。
2019.07.17
囲み製図・裁断図・型紙

白色透け地の半袖チャイナブラウスの囲み製図

F-41は白色透け地の半袖チャイナブラウスです。白の花柄が刺繍されています。大襟も中央の打ち合わせも見えず、後ファスナーで締めるのでしょうか。
2019.07.20
ミシンの思い出

アトリエ・レイレイ制作風景:ミシン縫も手縫も使うチャイナ服

妻の運営するアトリエ・レイレイの日記からミシンで作るチャイナ服の姿を追ってみました。本縫ミシンとオーバーロックミシンを使っています。他方で、チャイナボタンの作成とその装着、立領(カラー)の装着などには細かい手作業を施しています。
2019.07.29
ミシンの広告

安井ミシン店:ブラザーミシン特約店・シンガーミシン販売

これは、大阪の安井ミシン店が1958年に出した広告です。安井ミシン店はブラザーミシン特約店をしていました。よくみると実はシンガーミシンも取り扱っています。特殊用厚物用ミシンと職業用工業用ミシンを取り扱っていたことがわかります。
2019.07.14
型番別ミシンカタログ

ジグザグミシン

ジグザグミシン(zigzag sewing machine)とは、針棒が左右に振動してジグザグ状態の縫目を作るミシンのことです。ジグザグ縫目の一例はこちら。婦人用の肌着などに飾縫や、裾・袖口にレース縫付をする場合に使います。
2019.07.18
ジャガーミシン

足踏式ミシンはベルト回しと足のバランスが困難

足踏みミシンの使い方を学んだそうですが、手でベルトを回すのと足踏みのバランスをとるのが難しかったようです。すぐに反対に回ってしまい糸が絡んだり切れたりと綺麗に縫うのに手こずったと聞きました。ミシンを使うことは数年前と比べてずいぶん減りました。
2019.07.02
その他のミシン

中学を卒業してから裁縫店を開業してお金を手に入れた

蜜蜂牌缝纫机(ミツバチ・ミシン)。おばさんにミシンを学んだ理由を聞いた。最初にはお店を作る動機がなかった。ただの将来に一つの技術を身につけるだけだった。そのときには、そんなに裕福の家庭ではなかったので、最後には店を作って、お金を手に入れたのだ。
2019.07.10
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました