ミシンの謎に迫る

ミシンの歴史や広がりを紹介しています。
グローバルな旅を一緒に楽しみましょう。

内容の多くは自分の著書にもとづいています。
出版社のページにも、ぜひお立ち寄りください。

出版社のページへ

シンガー 146-53 : 充填した袋の口縫ミシン

シンガーミシン社 シンガー社のミシン
Singer Sewing Machine Company
スポンサーリンク

シンガー 146-53 : 充填した袋の口縫ミシン

Singer 146-53 : 充填した袋の口縫ミシン

Singer 146-53 : 充填した袋の口縫ミシン

二重環縫一本針ミシン。粉類、セメント袋、米・麦などの口縫用のミシン。

146型は2つの異なる型の裁縫ミシン頭部に区分されます。

146-3型から146-16型までは146-1型頭部を使い、押さえ足の寄りが5/16”で針落差は8/11”。薄物か中肉地のものに適します。

146-53型から146-66型までは、146-51型頭部を使い、2つの独立する押さえ棒と蝶番式押さえ金装置が付いています。押さえ足の上りは5/8”、針落差は9/4”。厚物用。送り装置は、縫う充填済み袋を針の下へ供給するコンベア・ベルト式。本機全体の大きさは台とモーターを含めて高さ5フィート、巾4.7フィート。

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました