子供にミシンが必要な理由

ホイーラー・アンド・ウィルソン

ホイーラー・アンド・ウィルソンを含む記事を集めています。

ミシンメーカーと地域産業

シンガー社:臨機応変な史上最大のミシンメーカー

このページでは、シンガー社の歴史をまとめています。シンガー社は発明と広がりの2点から、19世紀・20世紀の世界史上で最もよく知られた企業です。1851年から、シンガーという名前は縫製と同義語になりました。
2019.09.17
ミシンの歴史

ファッション辞典にみるミシンの歴史:文化出版局〔1999〕

このページのテーマは「ファッション辞典からたどるミシンの歴史」です。ファッション辞典からミシンに関する記述を抜き出していきます。今回は文化出版局・文化女子大学教科書部編『ファッション辞典』文化出版局、1999年を取りあげます。
2019.09.17
開発・特許・競争

ミシン開発史:19世紀中期アメリカに誕生するまで

19世紀中期アメリカでミシン製造業が誕生するまでの歴史をまとめています。手縫いの時代から特許だけの時代へと進み、19世紀中ごろにようやく実用的なミシンが開発されました。その後はミシン・メーカーの熾烈な特許戦争へと展開しました。
2019.09.17
ミシンの歴史

ミシン製造業の生産体制:揺籃期の多様性

米国ミシン製造業は1850年代から進展していきました。当時、ミシン製造業は揺籃期にありました。同業者たちは競争を激しくさせながら、独自の工場制度を確立していきます。19世紀末になると過当競争は定着していき、シンガー社が強者となっていきます。
2019.09.17
ミシンメーカーと地域産業

製造面からみたシンガー社の多国籍化

シンガー社は市民戦争終結後の1867年にユニオン・ボタンホール社を買収し巨大企業化の兆しを見せます。シンガー社が多国籍企業化する端緒は1867年に設置されたグラスゴー組立工場です。この工場はスコットランドにあり1872年に新設されました。
2019.09.17
ミシンの歴史

ミシンと衣服の経済史 第2章:ミシン多様化の意味

このページでは『ミシンと衣服の経済史』に関するご質問のうち、第1部第2章「ミシン多様化の意味」についてお答えしています。
2019.10.07
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました