服ができるまで:繊維調達からミシン縫製までの道のり
小規模仕立業者の経営から読み解くファッションの社会経済史

出版社ページの「著者メッセージ」にて自著『近代日本の衣服産業-姫路市藤本仕立店にみる展開-』の面白みを紹介しています。

みてみる
縫い方に関する用語

ボタン付:ぼたんつけ

ボタン付け(ぼたんつけ)
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

ボタン付:ぼたんつけ

ボタンの縫い付け穴の間隔にジグザグ幅を合わせ、ミシンのドロップフィード装置を操作して送り歯を針板面より下げ、ボタン付け押えを用いて、ジグザグ縫いで布地にボタンを縫い付けること。

  1. 糸足(根巻きとも)を必要としない場合は、布地に直接ボタンをのせて縫い付ける方法を用います。
  2. 2糸足を必要とする場合は、布地とボタンとの間にボール紙などをはさんで縫い付ける方法を用います。

英語で「button sewing」。

ボタン付け(ぼたんつけ)

ボタン付け(ぼたんつけ)

ボタン付け用ミシンには次のようなものがあります。

シンガー 68-1:ボタン縫付用ミシン

シンガー 117w:ボタンの紐付用ミシン

パフ3331:1本針筒型本縫ボタン付ミシン

出典 松下良一編『'74縫製機器総合カタログ』松下工業、1974年

コメント 感想や質問をお寄せください♪

タイトルとURLをコピーしました