子供にミシンが必要な理由

ユニオン・スペシャル 9900:縁飾ジグザグ縫ミシン

ユニオン・スペシャル 9900(縁飾ジグザグ縫ミシン)の縫目・縫見本ユニオン・スペシャル社
この記事は約4分で読めます。

ユニオン・スペシャル 9900:縁飾ジグザグ縫ミシン

これは、ユニオン・スペシャル社の縁飾ジグザグ縫ミシンです(ジグザグミシン)。型番は「9900」です。
このシリーズにもサブクラスが多く、だいたいは1本針平型でジグザグ縫をします。型番順に紹介していきます。
このシリーズの縫目・縫見本は下のとおりです。

ユニオン・スペシャル 9900(縁飾ジグザグ縫ミシン)の縫目・縫見本

ユニオン・スペシャル 9900(縁飾ジグザグ縫ミシン)の縫目・縫見本

ユニオン・スペシャル 9900 A:千鳥縫1本針平型ミシン

マーク付け、ボタン穴の芯、ボタン付けの芯などの縫付用。縫目は404-BSa-1とLSd-1。速力は2700です。

ユニオン・スペシャル 9900 E:継ぎ縫ミシン

皮・布継ぎ縫ミシン。裏にテープ付けができます。縫目は404-OSf-1、速力は2700です。

ユニオン・スペシャル 9900 Q:縁飾縫千鳥1本針ミシン

婦人服・子供服のカラーやメリヤス下着の前立などの縁飾縫をします。縁飾縫はパール飾縫(スカラップ縫の一種)で行ないます。
縫目型は404-OSF-1で、1枚送り。針の左右運動の幅は0″~3/16”まで。速力は2700です。

ユニオン・スペシャル 9900 S:縁飾縫千鳥1本針ミシン

スカラップ縫の一種で、9900Q型と同じ用途です。特殊定規によって目覆うの縁テープ付け(テープ縫い)をします。
縫目型も同機種と同じです。縫目は404-BSa-1で、速力は2700です。

ユニオン・スペシャル 9900 S:縁飾縫千鳥1本針ミシン

ユニオン・スペシャル 9900 S:縁飾縫千鳥1本針ミシン

ユニオン・スペシャル 9900 Y:千鳥二重環縫1本針平型ミシン

メリヤス生地や織物の縁テープ付けをします。縫目は404-BSa-1。
テープ付けの縫目幅は1/2”と3/4”があります。

ユニオン・スペシャル 9900 AG:縁飾縫千鳥1本針ミシン

コートの小襟の縁の伏縫をします。9900Q型と同じです。速力は2700です。

ユニオン・スペシャル 9900 AH:縁飾縫千鳥1本針ミシン

9900Q型と同じです。ただし、自動的にカラーの端を整えるナイフが付いています。
0~3/16”まで調節できます。縫目は404-OSf-1とSSa-1で、速力は2700です。

ユニオン・スペシャル 9900 AJ:縁飾縫千鳥1本針ミシン

9900Q型と同じです。ただし、本機は2枚送りミシンです。速力は2700。

ユニオン・スペシャル 9900 AK:厚手靴甲皮縫用ミシン

厚手靴の甲皮縫い用ミシンです。上下送り。縫目は404-SSa-1で、速力は2700です。

ユニオン・スペシャル 9900 AP:スカラップ縫ミシン

綿・絹・毛などの横編と経編の下着の紐や縁に貝型のスカラップ縫をします。縫型は404-EFd-1と404-EFe-1です。その他の性能は9900Qと同じです。速力は2700。

ユニオン・スペシャル 9900 AQ:平縫襞縫同時ミシン

横編と経編の絹レーヨン類衣服に、編紐・縁紐・バンドを縫い付けるミシンです。この場合、生地の平縫も襞縫も同時にできます。縫型は404-BSc-1です。その他の性能は9900Qと同じです。2枚送り。

ユニオン・スペシャル 9900 AR:レース縫付ミシン

薄地のゴム織や織物の下着に、いろんなレースを縫い付けるミシンです。縫型は404-FSa-1で、ナイフ付き。その他の性能は9900Qと同じです。速力は2700。

ユニオン・スペシャル 9900 AS:腰バンド千鳥縫1本針平型ミシン

腰バンド縫い、千鳥式1本針平型ミシンです。
ズボン(パンツ)の内側に千鳥式二重環縫を施します。
ズボン内側既製の腰バンドを縫い付け、その上にローラーをかけます。動力つき上面ローラー送り機構つき。ローラーの面はローレット(ギザギザ)と歯付の2種類があります。
腰バンドの幅は1・1/4”から4”まで。
針の左右運動幅は0″から3/4”(別箇所では3/16”と…)まで調節できます。
縫目型は404。速力は2700です。

ユニオン・スペシャル 9900 AS:腰バンド千鳥縫1本針ミシン

ユニオン・スペシャル 9900 AS:腰バンド千鳥縫1本針ミシン

ユニオン・スペシャル 9900 AT:腰バンド千鳥縫1本針平型ミシン

9900ASと同じです。ただし、上下ローラー送り付き。
腰バンドの幅は1・1/4”から4”まで。速力は2700です。

出典 蓮田重義編『工業用ミシン綜合カタログ』工業ミシン新報社、1958年

コメント 質問や感想をお寄せください

タイトルとURLをコピーしました