服ができるまで:繊維調達からミシン縫製までの道のり
小規模仕立業者の経営から読み解くファッションの社会経済史

出版社ページの「著者メッセージ」にて自著『近代日本の衣服産業-姫路市藤本仕立店にみる展開-』の面白みを紹介しています。

みてみる
ミシンで作る民族衣装・チャイナ服

アトリエ・レイレイが使うオーバーロックミシンの糸の通し方

アトリエ・レイレイ:大人の女性が着る上品なチャイナ服
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

アトリエ・レイレイが使うオーバーロックミシンの糸の通し方を説明します。

映像はいずれもレイレイ(妻)が作成したものです。

ちょっと音が小さいので調整してご覧ください。

アトリエ・レイレイが使うオーバーロックミシンの糸の通し方

ブラザー「ホーム・ロック」の糸の通し方を説明しています。

本機種は4本糸オーバーロックミシンです。

次の映像では糸通しの方法を1本ずつ丁寧に説明しています。長いので2本に分けています。

 

コメント 感想や質問をお寄せください♪

タイトルとURLをコピーしました