小規模仕立業者の経営から読み解くファッションの社会経済史

出版社ページの「著者メッセージ」にて自著『近代日本の衣服産業-姫路市藤本仕立店にみる展開-』の面白みを紹介しています。

みてみる

ルイス 150-9:上衣裏の背部・側部用環縫ミシン

ルイス社
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

ルイス 150-9:上衣裏の背部・側部用環縫ミシン

これは、ルイス社の上衣裏の背部・側部用環縫ミシンです。型番は「150-9」。
本機は上衣の背中部分の継縫した端を折り込んで伏縫します。これによって縁取りの必要がありません。本機で伏縫したあとに、上衣の裾を30-23で手仕上げのように伏縫をします。
取り扱いは簡単で、正しい縢縫をして、人絹やトロピカルなどの生地にも完全な作業を行います。
縫目調整器と生地の厚さの調節ダイヤルが付いています。

lewis 150-9:上衣裏の背部・側部用環縫ミシン

lewis 150-9:上衣裏の背部・側部用環縫ミシン


lewis 150-9(上衣裏の背部・側部用環縫ミシン)の縫見本は以下のとおりです。
lewis 150-9(上衣裏の背部・側部用環縫ミシン)の縫見本

lewis 150-9(上衣裏の背部・側部用環縫ミシン)の縫見本


出典 蓮田重義編『工業用ミシン綜合カタログ』工業ミシン新報社、1958年

コメント 感想や質問をお寄せください♪

タイトルとURLをコピーしました