時代が変わればシュールも変わる

ウィルコックス・アンド・ギブス社:単環縫ミシンで創業

ウィルコックス・アンド・ギブス社のトレードマーク。ミシンメーカーと地域産業
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ウィルコックス・アンド・ギブス社

ウィルコックス・アンド・ギブス社は、ジェームズ・ウィルコックス、息子ジェームズ・チャールズ、ジェイムズ・エドワード・アレン・ギブスの3人が1859年にアメリカで設立したミシンメーカーです。

同社は19世紀第3四半世紀のアメリカ・ミシン産業で有力な地位にありました。しかし、会社の歴史はほとんど知られていません。

単環縫ミシンの開発からスタート

米国バージニア州ロックブリッジ郡ラフィーン出身のジェイムズ・エドワード・アレン・ギブス(James Edward Allen Gibbs)は、1857年6月2日に単環縫ミシンで初めての特許を取得しました。

1856年と1857年にギブスは他にも特許を取得していきました。

国内初の実用的な単環縫ミシン(Single thread chain stitch sewing machine)を製造するために1948年以降にウィルコックス・アンド・ギブス社が設立されたことは間違いなさそうです。

1867年に同社はロンドンのリージェント・ストリート135番地にオフィスをオープン。その後ロンドンのチープサイド150番地、同じくロンドンのフォア・ストリート20番地と支店を開設しました。

会社の特徴

ほとんどの同業他社がミシンの自家生産を行なっていたのに対して、ウィルコックス・アンド・ギブス社はブラウン・アンド・シャープ社(Brown & Sharpe)にミシン部品の多くを委託生産していました。

コメント 質問や感想をお寄せください

おすすめ生地ストア

UNISON TEX(楽天ショップ)

本社は織物の産地浜松にあります。

生地の種類が豊富で、特に綿生地がおすすめです。

妻が何回もリピートしたお気に入りの生地は50ボイルワッシャーです。

薄手の綿生地で、ミシンで縫いやすく、ブラウスやスカートの裏地などにおすすめです。

マダムコットン(楽天ショップ)

ベビー用のオーガニックコットンが多いお店です。

妻はよくベビー用のダブルガーゼでブラウスを作ります。

とてもお肌に優しくて着心地が良いです。

特にオーガニックのダブルガーゼがおすすめです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました