時代が変わればシュールも変わる

レミントン社:銃器メーカーの多角化とミシン進出

レミントン社の家庭用ミシン・カタログで、女性が足踏式ミシンを使っています。ミシンメーカーと地域産業
この記事は約10分で読めます。

アメリカでは1950年代にミシンが産業化され、直後から過当競争の段階に進みます。

また、特許権に関する裁判が急増しました。

過当競争や裁判沙汰を風刺したイラストが「ミシン・バトル」でした。

このページでは、風刺画の主役となったミシンメーカー「レミントン社」の歴史を紹介しています。

スポンサーリンク

レミントン社:銃器メーカーの多角化とミシン進出

レミントン社はアメリカ最古のガン・メーカーの1つとして知られています。レミントン社は今でもアメリカで最大の銃器メーカーの一つです。

しかし、同社はタイプライターからミシンまで他のアイテムも作っていました。作家のアガサ・クリスティーは同社のタイプライターを使っていました。他にも人気のストレーン釣り具など、同社の製品は世界中で販売されてきました。

レミントン社が銃器メーカーからミシン製造へ多角化した時期をふりかえってみましょう。

同社は1970年代に、安いポータブルなチェーンステッチ・ミシン(環縫ミシン)に短期間だけ着手しました。しかし、さらに過去には世界で最も素晴らしいといわれるミシンのいくつかを製造販売していたのです。

レミントンがイリオン・ガルチで創業

1816年に発明家エリファレット・レミントンがレミントン社を設立しました。

最初はニューヨークに拠点をおき、同地の別の場所に設けられた鋳造所で事業を展開していきました。

同社は家族経営として「イー・レミントン・アンド・サンズ」と名づけられました(E. Remington & Sons)。

言い伝えによると、エリファレット・レミントン2世は父の鍛造所で自分のライフル銃を作りあげ、1816年に地元の射撃競技会で二等賞を獲得しました。

その年、 射撃の名人たちやハンターたちからライフル銃の製造を求められ、レミントン2世は世界的に有名な会社をスタートさせます。

1827年に完成したエリー運河のおかげで、鋳造所からの輸送が容易になりました。しかし、残念ながら、レミントン2世は新しい施設に移動する間に事故死しました。

レミントンがモホーク渓谷へ進出

1828年にレミントン社は、モホーク渓谷に事業と鋳造の一部を移転しました。

同社は、新しい鍛造所でライフル銃身を完成させることに集中します。

驚くべきことに、ニューヨークのイリオン・ガルチは同社が今でも使っています。そして、アメリカ最古のガンメーカーとして2016年に創業200年を迎えました。

アメリカ開拓時代初期に銃ビジネスは急成長しました。そして、1861年にアメリカ南北戦争(アメリカ市民戦争)が勃発しました。銃メーカーにとって収穫期がやってきて、ビジネスは巨大になりました。

しかし、すべての戦争には平和期があります。銃器の需要は突然落ち込み1865年まで低いままでした。

会社は生き残るために多角経営に乗り出します。

今日ほど多趣味な文化も銃クラブもありません。レミントン社は市場調査をして、銃器以外にどのような製品を作れるかを確認していきます。

レミントンがアメリカ初の自転車メーカーへ

アメリカ南北戦争期、同社は10025馬力のバクスター蒸気自動車やバクスター蒸気運河船を含む多くの新しい事業を試みました。

えっと、同社は自身にとって素晴らしいポジションにいました。レミントンはベロシペードという初期の自転車を少なくとも100台つくりました。そして、アメリカの自転車産業を創設したと記録されます。悪くない。

同社の優れた大量生産技術は売りたいものを何でも作れ、工場は活気づいていました。

製品リストは続きます。ポンプ、ピルディスペンサー機(錠剤販売機)、旋盤、葉巻製造機、盗難警報器など。同社は彼らは銃器を盗難防止に含めましたか? 家はレミントン警報器で保護されています。

(ミシンはいつになって登場するのか…)遅すぎます。

これらの多角化によって、同社の工場と労働者は平和な時代に忙しくなっていました。そろそろ私たちの待ち望んだミシンです。

1869年頃、レミントン社はエンパイアミシン社と交渉をスタート。1870年10月に書類が正式に交換されました。

エンパイア・ミシン社(Empire Sewing Machine Co.)

ニューヨーク拠点のエンパイア・ミシン社は、合理的に成功したミシン会社でした。

同社はアメリカ南北戦争とほぼ同じ頃から操業していました。1861年に同社製品リストには3種のミシンが並んでいました。エンパイア1号ロックステッチ・ミシン、改良型、エンパイアモデル3号です。

最初のチェーンステッチ・モデル(環縫ミシン)を除くと、これら3種はすべて基本的なロックステッチ・ミシン(本縫ミシン)でした。

特許の日付と製造番号が手前の針板に刻印されています。約15,000台のエンパイア1号と約12,000台の改良型が製造されました。

1860年代初頭からエンパイア・ミシンの爪跡がはっきりします。

最初のエンパイア・ミシンは1861年モデルよりも古くなっている可能性があります。自分たちが作ったか、あるいは、おそらく「ショー・アンド・クラーク社」のような他の製造業者から買ったか、どちらかです。

とにかく、エンパイア・ミシン社は生産ラインを設計している最中に、自社の名前でミシンをすでに販売した可能性があります。

エンパイア・ミシンは、真珠層の象眼細工と黒いエナメルをベースに、手塗りの花と金のトランスファーによって、美しく仕上がっていました。同社のミシンは広く「消火栓」ミシンや「柱」ミシンとして知られるようになりました。

レミントン・エンパイア・ミシン社

エンパイア社は1870年にレミントン社に買収されました。

皮肉にも、この年にエンパイア社はミシンをこれまでより最も多く、8,702台のミシンを製造しました。 同社は1870年から1873年にレミントン・エンパイア・ミシン社となり、その後、1874年から1902年にレミントン・ミシン社になりました。

レミントン・ミシン代理店

しかし、レミントン社は、平時に製造・販売する製品をミシン以外にも探していました。

1873年にレミントン社はタイプライターを作りはじめました。大量生産技術を使って手頃な価格でタイプライターを作り、そしてたくさん売りました。

たぶん、彼らの最初のタイプライターはクリストファー・レイサム・ショールズとカール・グリッデンにがデザインしたと思います。タイプライターという名前はショールズが考えたものです。レミントンはこれを製造する権利を購入し、デザイナーの二人は去りました。

レミントン・クウェティ・タイプライター:1874年7月1日に発売

タイプライター・キーの衝突を避けるために、ショールズとグリッデンは、今日でもまだ表示されているQWERTYシステムに文字を配置しました。最初の機械は大文字だけで印刷されました。

今やレミントン社は銃、ミシン、そしてタイプライターを作っていました。とくにタイプライターは、世界の大部分がまだ見たことも使ったこともない新技術でした。

初代タイプライターのキャスティングを部分的にミシンに組み入れることは、天才の素晴らしい一撃でした。タイプライターもミシンも同じ鋳鉄の足踏台を使いました。

1876年にレミントン1号タイプライターが生まれました。タイプライターはストーリーの一部なのでもう少し話を続けます。その後、ミシンに戻ります。

辛抱して寛いで読んでください。この研究に数ヶ月かかりました。

レミントン・アームズ・カンパニー

レミントン・アームズ・カンパニー・ナンバーワン・タイプライターとして知られ、同社のタイプライターは世界を席巻しました。

レミントンはヨーロッパ事務局をロンドンのクイーン・ビクトリア・ストリート50-54、ロンドン・イーストセンターに本社を置いていました。

彼らはペンに取って代わるモデルとして新しい機械を宣伝しました。なんて素晴らしいことでしょう。 幸いなことに、Biro氏は数年後にタイプライターを見捨てました。

初期のRemington No1タイプライター

タイプライターは大成功でした。

しかし、戦争が至るところで湧き上がったため、同社は武器に集中することを決めました。そして、1886年、タイプライター部門を売却しました。

タイプライターはレミントン・ブランド社の機械になりました。

ここで、タイプライターは私たちの物語を離れます。

レミントン・ミシン

それではレミントン・ミシン社をみてみましょう。

1870年までレミントンはエンパイアの名前(彼らが買い取ったミシン会社)を自社製ミシンに使っていました。

同社のマーケティングは激しかったです。

同社は同時代の巨人たちに猛攻撃をかけて行きます。ホイーラー・アンド・ウィルソン社、ウィルコックス・アンド・ギブス社、もちろん最大はシンガー社です。

1865年にシンガーはその時代では抜群に素晴らしいミシン「モデル12」(シンガー 12型)を出していました。

一例 シンガー 12W205:1本針極厚物用本縫ミシン

一例 シンガー 12W213:仮縫ミシン(躾縫ミシン)

レミントンは、ニューヨークのブロードウェイ281番地に本社事務局をかまえます。ここはシンガー社からそれほど遠くない場所でした。そして、ハワード・ストリートとボルチモア・ロードに事務所をもちました。

1873年までに同社はエンパイアの名前を消します。

レミントン社の強み

当時の他社との大きな違いは、大量生産で豊富な経験をもつレミントン社が、ロックステッチ・ミシン(本縫ミシン)をたった20ドルで製造および販売できたことでした。

1874年の夏、レミントン社はドロップリーフ・テーブル付きの「レミントン足踏式ミシン2型」(トレッドル・ミシン)を販売しました。オプションのサイド引き出し箱などをつけた最高モデルで70ドル以上しました。

同社のミシンは、シンシナティ博覧会やアトランタでの博覧会で唯一のミシン賞を受賞しました。同社は銃器で獲得した無数のメダルとともに品質と信頼性と同義である名前となっていました。

1873年に開催された「ウィーン万国博覧会」のメダル。表面にはオーストリア=ハンガリー帝国の皇帝フランツ・ヨゼフ一世の横顔が刻まれています。

1873年に開催された「ウィーン万国博覧会」でレミントン社が授与されたメダル。

レミントン社は基本的なモデルを作って、特別バージョンや追加バージョンをたくさんくっつけて販売しました。

たとえば、キャビネット型ミシンを販売したり、基本的な足踏式ミシンに、片側か両側の下方に引き出しをつけたミシンを販売したりしました。

レミントン社はキャビネット型ミシンを販売したり、基本的な足踏式ミシンに、片側か両側の下方に引き出しをつけたミシンを販売したりしました。

レミントン社はキャビネット型ミシンを販売したり、基本的な足踏式ミシンに、片側か両側の下方に引き出しをつけたミシンを販売したりしました。

アンティーク・ミシンで同社製の超豪華なクルミで囲まれたキャビネットが自宅や親戚の家にあれば、間違いなくお祖母さんや叔母さんはリッチだったはずです。

1870年以降、同社製ミシンには、ベッドの真ん中に円形のレミントン・バッジが付いていました。バッジ付きのミシンは、他の数千台も販売されているミシンと同等ではないと宣伝されました。 同社はミシンの売り上げをあげるために、銃器で得ていたブランド力を使ったのです。

1871年10月8日(日曜日)から10月10日(火曜日)にかけてグレート・シカゴ火災が起こりました。この火災でシカゴの4平方マイルが焼失されたそうです。この火事は19世紀アメリカ最大の災害の一つでした。

レミントン・ミシンの衰退

奇妙なことに、レミントン社は、かつて買収した会社エンパイア社のミシンを販売して成功したのに、自社ブランドでは経営方法を継続しませんでした。

1875年にレミントン社は25,110台のミシンを生産しましたが、その時点で同社は2倍の量を生産できたはずです。翌1876年から生産は徐々に落ちました。死の苦痛が同社に鳴り響いてきました。

タイプライター部門とミシン部門からの撤退

第一次世界大戦の終わりまでに、レミントン社はタイプライター部門から撤退して、銃器製造に集中することを決めました。国内販売が低迷した北米の大不況が原因です。

また、1894年よりずっと前に同社はミシンを小型化していました。素晴らしい歴史が終わりはじめていました。

銃器の生産が大幅に増加したため、同社はその部門の市場に集中して、ミシン部門まで完全に手場はしました。1896年に踏板の生産を停止しました。おそらく鋳造所は武器用に近代化されました。1896年からはほぼ輸出用の手廻式ミシンだけを取り扱いました。

同社の1902年版銃器カタログには、まだミシンをリストアップしています。しかし、これは私が遭遇した最後の資料です。

レミントン・ミシンの歴史は終わりに近づきます。

1902年の生産の終わりまでに75,000台ものミシンが作られました。現在も生き残っているミシンもあります。初期モデルは多額の資金を得ており、ガチのコレクターの間で高く評価されています。

本当に、レミントンについて話して我々はBANGで終わったはずです…。

終わり…ほとんど

最後のポイントです。

1950年代の終わりごろにレミントン・ミシンが再生しました。

その頃の輸入ミシンは基本的にシンガー社製ミシン15型のコピーか極東のジグザグミシンのどちらかでした。これらのミシンはアメリカで作られた初期レミントン・ミシンとは何の関係もありません。これらのミシンは、おそらく日本から輸入された初期のブラザー・ミシンかジャノメ・ミシンでした。 日本の名古屋で製造していたブラザー社は確かに素晴らしいミシンを作りました(でもゾウの赤ちゃんくらいに重たかったです)。

謝意

この記事は次のウェブサイトから翻訳転載の許諾を得ています。

SUSSEX SEWING MACHINES.SEWALOT.COM

サセックス・ミシン・ソー・ア・ロット・ドットコム(SUSSEX SEWING MACHINES.SEWALOT.COM)は、アンティークミシンやミシンの歴史に特化したサイトです。

私の知っている限りではミシンの歴史に関する世界最大のサイトです。

ウェブサイトのオーナーであるアレックス・アスカロフ氏(Mr. Alex Askaroff)に感謝します。

謝意を込めてアレックス氏のミシン関係著書をご紹介します。

コメント 質問や感想をお寄せください

おすすめ生地ストア

UNISON TEX(楽天ショップ)

本社は織物の産地浜松にあります。

生地の種類が豊富で、特に綿生地がおすすめです。

妻が何回もリピートしたお気に入りの生地は50ボイルワッシャーです。

薄手の綿生地で、ミシンで縫いやすく、ブラウスやスカートの裏地などにおすすめです。

マダムコットン(楽天ショップ)

ベビー用のオーガニックコットンが多いお店です。

妻はよくベビー用のダブルガーゼでブラウスを作ります。

とてもお肌に優しくて着心地が良いです。

特にオーガニックのダブルガーゼがおすすめです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました