子供にミシンが必要な理由

ファッション辞典にみるミシンの歴史:チャネラー〔2003〕

ミシンの歴史
この記事は約2分で読めます。

チャネラー〔2003〕にみるミシン

チャネラー〔2003〕でミシンは次のように書かれています。

ソーイング・マシン(縫製機械)が訛ってミシンになったといわれる。その種類は現在3,000種に及び、さまざまな機能のミシンがある。これを用途別に分けると、家庭用、職業用、工業用、特殊用となる。使用形式では、足踏み式、電動式、手廻し式に分けられる。

まず、ミシンの語源を書いています。

次いで種類や機能が多い点を述べます。

その後に少し分かりにくい説明が続きます。

用途別

家庭用、職業用、工業用、特殊用の4種類を用途別としています。

ふつう、用途別とは何に使うかを区別したものですから、家庭用や工業用をもちだされると混乱します。
とりあえず、家庭用から順に特殊性が深まると考えましょう。すると、家庭用ミシンはオールマイティ(だが故障しやすい)となります。

次いで、職業用ミシンは家庭用ミシンよりも特化されたミシンですが、速度や縫い強度の面で工業用に劣ります。

では工業用ミシンとは何か。

工業用ミシンはアパレル工業で使われるミシンだと考えられます。工業用ミシンは戦前日本で「特殊ミシン」と呼ばれていましたから、「特殊用ミシン」との関係は深いはずです。

戦前に「工業用」と「特殊用」は一緒くたで、2000年代の辞典には区別されているギャップを考えましょう。すると、工業用ミシンはアパレル工業で使われるが、特殊用ミシンはアパレル工業以外で使われる、つまり、非アパレル用ということになります。

非アパレルとは、具体的にはソファーカバーを縫うミシンや車のシートベルトを縫いつけるミシンなど、服・雑貨以外のアイテムをさします。

使用形式別

使用形式として、足踏式、電動式、手廻式の3種に大別しています。

使用形式はミシンを使う時の形式をいいますが、これだと分かりにくいですね。

そこで、足、電気、手という3種のエネルギーが出てきている点に注目して、仕様形式とは使用動力(動力源)のことだと考えられます。

まとめ

チャネラー〔2003〕はコンパクトにまとめ過ぎていて、あまり説得的に説明していません。荒いです。

しかし、戦前期に一体化していた工業用ミシン(当時は工場用ミシンといわれた)と特殊用ミシンとを区別し、非アパレル用のミシンを想定していた点はGoodです。明記してほしかったですが。

出典 バンタンコミュニケーションズ『新ファッションビジネス基礎用語辞典』増補改訂版、チャネラー、2003年(増補改訂第7版5刷)、714頁

コメント 質問や感想をお寄せください

タイトルとURLをコピーしました